毎日聞いていたんだね

筒美京平先生が亡くなりました。

 

ご存じの方もいると思いますが
おかにょは野口五郎さんのファン歴およそ50年。

五郎さんの歌で筒美先生の曲は100曲程度あるそうです。

五郎さんに明け、五郎さんに暮れた
中・高校時代・・・
もうそれこそレコードがすり切れるくらい
毎日毎日聞いていました。
そのレコードの半分くらいは筒美先生の曲でした。

皆さんがよく知っている曲では
「青いリンゴ」とか
「甘い生活」でしょうが、そのあとの
「夕立のあとで」
などはフォーク調の美しい曲でしたし、
「グット・ラック」などはAORの名盤!?
最近結構再注目されている曲です。
「真夏の夜の夢」ではギンギンのロックで。
・・・・
何て感じで五郎さんの様々な魅力を引き出してくださった方でした。
筒美先生は五郎さんにはわざと難しい曲を書いていたりしたそうで
そういえば音域は広いは
音程は難しいは・・って言うのが多いです。
(「季節風」とか歌うと音を外しそうになります。
音程に自信のある方は挑戦してみてくださいな)


と、こんな五郎漬けの日々でしたが
おかにょの中・高校時代は
音楽番組が週に何本もあったような時代でして
その頃聞く気が無くても聞こえてきた歌の大部分が
筒美先生の曲だったんです。
南沙織さんだの太田裕美さんだの岩崎宏美さんだの
もう本当に沢山!


毎日毎日筒美先生の曲に包まれていた時代だったんだなぁ・・・

と改めてその才能に驚かされました。

これほどの曲をかける方はもう出てこないでしょうね・・・

残念ですが
筒美先生のご冥福を心よりお祈りします。

お月様のおへそ

今日10月1日は十五夜です。

綺麗に晴れた空で

お月様を見ることが出来ました。

たまにはお月様の写真を・・・と思ったけど
あれれ・・・?
光学ズームより大きく撮れる筈だけどそのやり方を忘れてる・・・。

あっちこっち触ってなんとか思い出して

いざっ!


でもね~。三脚持ってないんです、おかにょ。

ぶれるぶれる・・・。

なんとか撮ったけどお月様の位置が微妙に動く(笑)
Pa010304
Pa010305 Pa010306 Pa010307

ズームの倍率を変えて撮ってみたりもしたけど
余り変わらんなぁ・・・
3枚目の写真が目一杯のズームなんだけど
なんか目玉の写真みたいでキモい・・・。

でも・・・

んんっ!
下の方に見えるのはクレーター?
みかんのへたのような
おへそのような・・・

なんだか可愛く見えてきたぞ!
(ポチッとしたらもう少し見やすくなるかも。)

・・・・・・・・

暑くもなく
寒くもなく
ちょうどいい。
かすかにキンモクセイの香りがしてきます。

おかにょは
季節と季節の中間
今日のような時期が一番好きです。

シザーズハンズ!?

それは突然私の目の前に現れました。

 


ハサミを振り回して、威嚇しています。

狭い歩道にいるので避けて通れません。

何故こんなところに!?

 

 

どうしよう?

どうしたら・・・・・?



なんとか後ろに回り込みました。

勇気を出して、そいつの首の後ろを摘み上げました。






おかにょの前に現れたのはこいつ。

Img_1173-1

 

ザリガニです。

 

 

このままにしておくと、車道のほうに行ったら車に潰されてしまいます。

仕方なしに近くに側溝がある所に持って行きましたがいつも水があるわけではないので、
中に入れて水が無くなってしまったら逆に逃げ場がなくて死んじゃうかもなので、
中には下ろさず、手前の草のうえに置きました。
あとはザリガニ君の自由意志で移動して貰えればと。

 

それにしても、あの子一体何処から来たんだろう?
近くに川があるわけではないし、
どこかで飼われていたけれど逃げ出したのかな?

う~~~ん
分からん・・・。

«昭和のかほり

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

永井龍雲さんを応援しちゃおう

最近のトラックバック

無料ブログはココログ