おかにょからのお知らせ

  • ☆申し訳ありませんが、コメント、トラックバックは承認性にさせていただきます。(内容が記事にそぐわないものや、不快感を与えるようなものは削除させていただきます。)

トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

ぐち、ぐち、ぐち・・・

 爽やかな風を送りたいと思っているのに、何故か文句が多いブログになってしまっています。・・・反省!

だけど、今日は言うぞ~!

「おいっ!N!お前男の癖にぐちぐちうるさいんだよ!言いたいことはわかった。お前の立場も全部ではないが判る。だけどしつこすぎるんだよ。30分も電話で文句垂れるなよ!こっちは仕事中だっての!長々嫌味っぽく注意をされたら素直に反省する気も失せるっていうの!

 だからお前は結婚もできないんだ~!

あ~すっきりした・・・かな?でも結婚できればいいってもんでも無いけどね・・・

雲、もくもく

それが、地震雲だといい切る自信はありませんが、私自信はあれは地震雲だったと思うのです・・

阪神淡路地震のあった年のお正月、初詣に高尾山に家族で行ったとき、(これは、地震雲に間違いない!)と思える雲を見ました。それ以来雲を眺める事は、習慣のようになってしまった私です。2週間くらい前にあった大阪の地震の時も、放射線状にもくもくした変な雲を見て、何か嫌な雲だなーと思っていたら、案の定でした。今住んでいる場所の位置関係とかよく分かってないので、どの方向に出ると、どっち方面とかわからないし、全然使えないので、自分なりにちょっと意識をするしかないのですが・・・

 雲をよくみるようになってから、雲の色々な姿に驚かされます。一部分が虹色になっている雲(多分、彩雲と言うのだと思う)や、まるで骸骨のあばら骨のような雲、それこそ龍としか思えない雲など、見ていて飽きません。

 梅雨が明ければきっとすがすがしい青空をバックに、また雲が色々な顔を見せてくれるでしょう。早く明けないかなあ~。・・・でも、暑いのは勘弁!

この花って何?

この花って何?

携帯から初挑戦です。うまくいったかな?この花はなんでしょう。色々混ざっている種から生えたので名前がわかりません。ナデシコの一種かな?

それは逃避だろ~!

 うにょがキーボードを弾き始めた。まえにリサイクルショップで500円で買ったものです。いつもは埃をかぶっているのに、今頃になると急に弾き始める。ピアノは習ったことがないので自己流。ろくに弾けないのに一生懸命に弾く。そう、もうじき期末テスト。普段勉強しないのだから、せめてテスト前くらいはして欲しいのに、全くやらず、全然関係のないことばかり一生懸命にやる。多分自分でもやらなきゃ、と思っているのだとは思うのだけど

   「逃げているんじゃ~ぞ!」

と、声を大にしていいたい。勉強しろよ・・・

あぁ・・日本の男性って・・・

 先日、会社の自転車置き場から自転車を出そうとした時、狭い通路から、黒人の男の人が出てきました。
 「どうぞ・・」というと
 「レディファースト!」 と言うではありませんか!(この私にレディ・・・!)とびっくりしながらも
 「サンキュウ」と言って自転車を出し方向転換しているときに、脇を通ったので頭を下げると、今度は
 「プリティ・・・」・・・!(少し高めのかわいい声でした)ちょっと恥ずかしかったけど
 「サンキュウ」と言って帰りました。外国の方は違う!と実感しました。

今日同じところで日本の若い男の人とすれ違いましたが、こちらが待っているのに携帯電話をかけながらとろとろと歩き、全然急ごうとしないのです!先日の方と比べる方がおかしいのかも知れませんが、

 あぁ・・日本の男性って・・・」 ちょっと情けないぞ!と、思ったのでした。

ねむの木とおじぎ草

 帰宅途中、小学校の裏庭で、ねむの木を見ました。淡いピンクの花が、優しげにふんわりと咲いていました。

ねむの木によく似ている草で、 おじぎ草というのがあります。子供の頃、多分、「科学」の付録についてきた種をまいて育てた覚えがあります。指でちょんっと触ると、葉を閉じて、まるでお辞儀をするように下を向くのです。それが面白くて、私だけでなく兄たちもバンバン触っていたので、結局枯らしてしまったのです。今思えばなんて可哀想なことを・・・ですがそれはやはり子供のすることですよね。(と、自己弁護させてください・・・)

ねむの木は、ちょっとベランダでは育てられないから、おじぎ草育ててみたいな。どこかに売ってないかしらん?

ちにょの誕生日!

 ちにょとは、我が家の3番目の娘のことです。上から、「みにょ」「うにょ」「ちにょ」そして私が「おかにょ」。普段はこんな風に呼び合ってます。(我ながら、変な家族だとは思う・・・)

 ちにょが生まれた日は、めちゃめちゃ凄い雨の日で、其れこそ、バケツをひっくり返したようでした。分娩台にいる時は、雷まで鳴っていて、しかもその時間が9時40分台。49分だけはいやだ~!と思っていたら、48分に無事誕生。何ともはや・・・でした。

 今は、すっかりオタク娘で、長い髪をオバサン結びにして、イラストなんかばかり描いています。まあ、人に迷惑かけず、元気に育ってくれれば、多くは望まないけど、

 せめて歯だけは磨いてくれ~!

かえるの合唱

やっと網戸が入りました!


網戸越しの夜風が、とても心地いいです。

窓の外からは、今まさに「かえるの合唱」が聞こえてきています。

窓をあけベランダにでて、メガネを外すと、向かいの団地の灯りや、家々の灯り、車のライトとかがすべてぼやけて、まるで花火のようです。

少しだけれど、仕事の疲れとか取れるような気がします。

帰ってきたデルフィニア戦記

 っと言っても新刊書が出たわけではありません。娘が勝手に友人に3ヶ月以上貸しっぱなしにしていた1巻がやっと戻ってきたのです。(この娘、前回も今市子さんの百鬼夜行抄を1年近く貸しっぱなしにしていた前科アリ)

不思議なもので、いつも家にあるときは何とも思わないのに、無いとなると無性に読みたくなったりするもので、「早く返してもらいなさーい!」と、言い続けていたのです。

ところがやっと帰ってきて、さあ読もうとして、ちょっと待って!図書館にリクエストしていたグインサーガが一気に3巻、恩田陸さんの本も上下巻と、5冊も今手元にある!やはり、ここは借りている本を先に読むべきだろうと思うので、デルフィニアはちょっとおあずけ。まあ、2回は読んでるし、いいかっってことで・・・

 デルフィニアの魅力は、何と言っても登場人物の個性ですなぁ。みんなハンサムだし・・。一番は、ウォル。ああいう大きな人が傍にいてくれたら、何の心配もいらないだろうな・・ちょっとにぶいのもお愛嬌と言うことで。(グインもいいけど豹頭じゃね・・・)   

ということで、しばらくは読む本がたくさんあって幸せです。でも、またきっと「漫画本が読みたい~!」病がでるんだろうな・・・

雨が空から降れば

・・・と言う、歌がありますよね。昔のフォークソングですがこの時期になるといつもうかんでくる歌です。

・・しょうがない雨の日はしょうがない・・・

 雨と言えば傘が付き物ですが、最近気になって仕方がないことがあります。それは傘の持ち方。上のカーブしているところを真っ直ぐ持ってくれればいいのですが、斜めに持ってしかもブンブン?振って歩く人が結構多いのです。特に若い女性と男の人!・・・しょうがなあ~い・・・じゃ、ないんだよ!

    傘ぐらいしっかり持たんかい!

と、心の中で怒鳴ってみるだけの情けない今日この頃です。

はじめまして

昔から「風の~」と言うタイトルにとても心魅かれるわたしです。

それでブログ名をつけるにあたって、大好きなシンガーソングライターの永井龍雲さんの曲名をお借りしました。(これっていけないことでしょうか?よくわからないので教えてくださいね。)

風には、色々な表情がありますよね。人の心のそれと同じで・・・

日々感じた小さな風を記していきたいと思っています。いつも爽やかな風を送れるとよいのですが・・・ 

トップページ | 2006年7月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

永井龍雲さんを応援しちゃおう

最近のトラックバック

無料ブログはココログ