« びっくりだよっ! | トップページ | うらら »

涙、涙の「純情きらり」最終回

先週の予告で、そうなるだろうとは思っていましたが、やってくれましたね・・・

まさか、最終回で主人公を殺してしまうなんて・・・。

「びっくりだよ!!」(桜塚やっくんで読んでください・・)

でも、最終週の桜子はなんだかとっても綺麗でした。
結核で死ぬのなら、もっとやつれている筈、なんて意地の悪い見方をしていましたが、穏やかに優しく満ち足りた顔で逝った桜子は、本当にきれいでした。

わかっていても、泣かされてしまいましたょょょ・・・。

最近の朝ドラは、元気な主人公が目的に向かって突っ走る現代物がほとんどだったので、そういう意味でも純情きらりは画期的?だったと思います。男性陣も良かったですよね。色んな男の人にフラフラする主人公もNHKらしくなくて良かった。

私が見た、此処何年かの朝ドラの中では、かなり高ランクです!(なんと言っても最下位は「天花」です。あれ、最悪!)


1週間撮り貯めして楽しみに見ていた番組が終わってしまったのは残念。(しかも主人公死んじゃったから続編もできないじゃん!)でも、どっかの鬼のような番組のようにだらだらどうでもいい話を続けるよりはいいか・・・。

新朝ドラは期待できるのかな?NHKさん?

« びっくりだよっ! | トップページ | うらら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涙、涙の「純情きらり」最終回:

» 純情きらり [言葉の森]
『純情きらり』は、2006年(平成18年)度上半期NHK連続テレビ小説の作品である。シリーズ通算第74作目。2006年4月3日から2006年9月30日(予定)に渡って放映する。概要主要な舞台は愛知県岡崎市。連続テレビ小説史上初の愛知県を主な舞台とした作品である。原案は津島佑子の「火の山―山猿記」。脚本は浅野妙子。同シリーズでは、平成11年度前期のすずらん以来久々に戦争を取�... [続きを読む]

« びっくりだよっ! | トップページ | うらら »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

永井龍雲さんを応援しちゃおう

最近のトラックバック

無料ブログはココログ