« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

髪を切りました

仕事が早く終わったので、美容院に行きました。

予算がないのでカットのみ。

私は結構天ぱあり。(天然ぱぁ~ではありません。念のため・・・)

で、ものぐさなので、

『軽くて、手がかからないやつにして下さい。』

と、お願いしたのですが、やたらと

『アイロンにするといいですよー』

と、勧めるのです。

でも今日はその気とお金がないので

『とりあえず今日はカットで・・・』

と言って、してもらったのですが、

『こんな感じになるんですよ~』

といって、アイロンで伸ばしました。

確かに天パは伸びていい感じでしたが、メガネをかけてちゃんと見ると、おばさんがチョイ無理してるって感じ。

家に帰って子供らが

『お母さん、後ろから見ると若いよね』

・・・うっさい!

何だか売り上げ上げるため勧めているようで、いい感じじゃなかったな~。今度は別の美容室探そう・・・。安いトコで。

でも、今美容室って高すぎると思いません?

カットだけで安くて4000円とかって・・。

若い人ってそんなにお金あるんですかね~。

ちょ~くやしい

オータムジャンボを買っていたけど、当選番号を見ていなかったのでさっき調べてみたら・・・

1等なんぞははなから期待していなかったけど4等の5万円が1番違い!バラで買ったからあとはスカ!

くやし~!。でも連番で買うと一番上を見ただけで、すぐがっかりしちゃうじゃない。バラのほうが一枚一枚楽しみがあるし・・

でも、こういう状況だとホント口惜しい。ハズレならはずれで全く駄目なほうがまだいいよ~。ア~ア。5万円・・・crying

よく、ポストにお金がばらまいてあることがあるじゃない。

誰かウチのポストにいれてくれないかしらん?(ポストに入っているのって、絶対に買えないマンションのチラシとかばっかりなんだもん。)

2006年10月26日の記事です。

一粒の幸せ

離婚した婚家から出るとき、持ってきたプランターに一株苺がありました。

それが、昨日小さな実をつけていました。

真っ赤な可愛い一粒。

食べてみました。

めっちゃ甘くて、思わず、

「う~ん幸せ!」

と、つぶやいてしまいました。heart

乗ってる家族



我が家は一言で言って、『乗ってる家族』です。

リズムに乗ってるわけでも、車に乗ってるわけでもありません。

何が乗っているかというと・・・

お腹のお肉です。

特別おで○と、いうわけではないのですが、み~んなお腹がぽってりこ。たっぷりこ・・・

そのせいかどうか定かではないけど、彼氏の「か」の字もありません。(お年ごろの3人娘なのに・・・)

かっこいい(かっこよくなくてもいいけど)息子候補、1人位いてもいいじゃないか~!!

母はなさけないです・・・。weep

ちょこっと手を加えてみました

いつもおかにょにお付き合いして下さる皆様、有難うございます。

最近サイドバーにちょこっとのせています。お気づきでしょうか?

下手な俳句もどき4コマの漫画等。

で、今回足跡帳代わりに掲示板付けてみました。

記事に関係ないことでも勝手に書き込んでください。龍雲さん情報や五郎君情報でも、ビシバシOKですよ~。(でも、迷惑な書き込みは削除することもあるので了承してください)。

NHKの朝ドラ

前に♪純情きらりの時にも書きましたが、おかにょはあまりドラマは見ません。
が、NHKの朝ドラだけは1週間分ビデオにとってまとめてみています。

4月から始まった、「どんと晴れ」

何だかあまりにも昔からのNHKドラマって感じですよね。

主人公が可愛くて頑張り屋さんで・・・で、演技がへた!

今回は周りの役者さんもあまり巧くない人たちばっかり・・と、云うか下手な演技に囲まれて、普段上手な役者さんまで何だか下手に見えるのかも・・・。

ありゃりゃ~なのが森昌子。

黙っていればいい感じのお母さんなんだけど、一生懸命な場面だと早口になりすぎて、いかにも演技してます感が目一杯。歌の巧い人って、結構いい役者さんになったりするんだけど、彼女はどうなんでしょう?

脚本がおもしろくないのかなぁ。
何だか設定も古臭いよね。長男の息子に後を継がせたがるおかみと、対抗する次男夫婦とか、主人公が座敷わらしに見えたとか・・。こじつけっぽくて無理がある。



前に、「てるてる家族」の時、原作を読んだけれど、はっきり言って全然面白くなかった。
ドラマはめちゃくちゃだったけど、でもめちゃくちゃ面白かった!このつまらない原作から、こんな面白いものができるなんてと・・・脚本家の力にびっくりしたものです。

「芋・たこ・なんきん」もスタートはあまり面白くなかったけど、安心してみていられる役者さん達で、ほのぼのしていて、それなりに良かったんだけど、今回のは・・・どうでしょう?

おかにょ的には第2の「天花」になるんじゃないかと思っているんですが・・・。

し、しまった~

化粧水が切れそうなので、おうちのアロエ君チョッキン。

小さく切ってエタノールにひたひた・・・。

で、何日か放置。

で、今日完璧になくなってしまったし、アロエもちょうどいい感じなのでアロエの化粧水を作りました。

そう、超~ボンビーなおかにょは、化粧水は手作りです。(乳液は無理なので安~いの買ってます)

参考にしたのはこちらのホームページです。http://www.ne.jp/asahi/yamyam/yammy/tukuru/kesyosui.html

風呂上り、急いで作らにゃひからびる・・・。

空き化粧水の容器に、アロエ液を入れて、精制水を入れて、グリセリンを・・・・

し、しまった~!

グリセリンが足らない・・・。さっぱりタイプにするとしても全然足らない・・・。

しかたなく、蓋をしてしゃかしゃか・・・。

とりあえず、何もないよりマシだろうと容器から手に・・・・すると、

ジャボ~ン!

し、しまった~!

内豚じゃない、内蓋をするのを忘れていました。結構な量がテーブルの上に・・とほほ・・・。(机に潤い与えてど~すんじゃい!)

明日、グリセリン買ってきます。

にゃ~だよ、もう!

萌え~!

ここのところずっと天気が悪く、電車通勤でした。
昨日やっと、お日様が顔をだし、チャリで会社へ。

驚きました。

少しに見ない間に、街路樹がまさに

萌え~!です。

日の光をあびて、萌える緑・・・。

4月に入ってからの方が寒いような天候が続いていたのに、さすがです。

自然ってすごいぞ~!
素直に感動してしまう。

そしてお日様の力ってすごいな~っと・・・。
心までほぐしてくれますね(イソップ童話ではないけれど)

古代の信仰の大部分が太陽神なのもうなずけますよね。



お日様の力、自然の持つ生命力のすばらしさ・・・。

人は生かされているんですよね。

この時期訪ねてくる友人

普段全然交遊がない人が急に訪ねてくる・・・

この時期よくありますよね。

先日も二十歳を過ぎた娘のところに、中学時代の部活仲間が訪ねてきたようです。

留守にしていたので手紙が入っておりました。母親と一緒に訪ねてきたようです。

この親子も、普段会うならとってもいい人たちです。

でも、選挙が近くなると・・・。

どの政党を応援しようが、どの宗教を信じようが、それは自由です。
自分の信じるものを人に勧めたいのもわかります。

でもね・・・。やっぱり宗教と政治は別物として欲しいなぁ。
自分の頭で考えて、投票しましょうよ。

この時期○○学会の方とはあまりお話したくないおかにょです。

代理母に思う

向井さん夫婦のニュースで、今話題の代理母ですが、日本で実施している医師が代理母ボランティアのを募るとかという発言をしていましたね。

私は代理母には反対です。

まず、第1にとてもお金がかかること。1千万から1千500万位かかるそうではないですか。ごく一部の限られた人だけに与えられた権利のようで、いい気持ちはしません。それを考えてのボランティア発言だとは思うのですが。

そこで第2の理由です。40代から50代の子育て経験のある人を募集するとか言っていましたが、子どもを何ヶ月も育てることは並大抵のことではありません。命を預かるのですから。そこで、もし何かあったら、その代理母にどのように保障するのでしょう。

そして第3の理由。もし代理母が自分が生んだ子どもの権利を主張したらどうするのでしょう。何ヶ月も自分のお腹にいた命をいとおしく思わないとは限りません。

第4に、もしかしたら、自分で生むのがいやで代理母を頼む・・・というようなことも起こるのじゃないか・・・ということです。形がくずれるから・・・と、おっぱいをあげない親もいるそうですから有り得ないことは無いと思います。

第5に信頼できる医師じゃなかったら、精子と卵子のすり替えとか起こるのでは?という事。DNA鑑定とかするのですしょうが、もし違ったらその赤ちゃんはどうなるのでしょうね。

人のお腹を借りて自分の子を産ませる・・・なんだかそれこそ「女性は子どもを生む機会発言」の大臣と大差ないような気がするのですが・・・。

それほどに子どもが欲しいのなら、母に恵まれない子どもがたくさんいるではないですか。
そいう子供たちの親になってあげればいいと思うのです。


自分の遺伝子を残したいのは本能だとは思いますが、そこまでして、いいのか!って思うのですよね。

あの頃私は野生児だった

友人のブログを見ていたら、

花の蜜を吸って云々・・・

という記事がありました。で、思い出しました。幼き日々を・・・

花の蜜・・・よく吸いました。たぶん『仏の座』だと思います。http://www.hana300.com/aaoohotoke.html←こんなの

それと、つつじ。つつじは花も食べました。あの頃は白いつつじは駄目、赤くて、小さいのはOK。少しすっぱかったなぁ。

食べるといえば、すかんぽ。私たちは『すいこん』って、言っていたけど。これは、ちょっぴりすっぱくて結構いけました。

あと、ガム代わりにかんでいたのが『つばな』
ちがやの若い穂です。http://www.unisys.co.jp/KANSAI/manyo/39/baba.html
何の味もしなかったけど、友達とよくつなば取りしました。

そして、究極なのが『くろんぼ』コレはなんだかわかりません。
がまの穂を小さくしたようなもので、舐めると口にヒゲが生えたようになります。
やはり何の味もしないのだけれど、チョコレートだ~なんて言って楽しんでいました。

木苺や、桑の実はもちろん、薔薇の若芽や、草の新芽・・・。今思うとよくこんなものを食べたものだ・・と、感心してしまいます。

遊びもダイナミックだった。
木登りは当たり前。
藤蔓を切ったものにつかまり[ア~アア~!」とターザンごっこ。

本当にワイルドな子供時代をすごしたものです。

今ではやりたくてもできないです。

子供時代の思い出は本当に宝物ですね。

黒いすずめ

前回に続き鳥のお話です。


何年か前に田舎に帰った時、鳥好きの3番目の兄が興奮して話しました。

「黒い雀がいるんだよ!新種かも知れない!」

えっ!そんな珍しいのが・・・と、思いその後庭に来る鳥を観察し続けました。

そんなある日、見つけました。確かに黒い!

大きさは雀です。

暫く見続けていると、その鳥は車の排気筒を出たり入ったり・・・

そうです。その鳥はただの雀だったんです。
排気筒の煤で真っ黒になっただけなのでした。

それを知ったときの兄のがっかりした顔・・・。

先日、近くのコンビニの駐車場で黒い雀をみかけました。

あの雀も、どこか頭が真っ黒になるようなところにもぐり込んでいるに違いありません。

「がんばれよ~」

と雀に声を掛けたくなったおかにょでした。

♪この~巣なんの巣気になる巣♪

電車に乗るとき通る道沿いの木の上にこんなものを見つけました。
Rimg0171
たぶんカラスじゃないかとは思うのですが・・・。

ハンガーをたくさん集めて巣にしているのです。

実は、何日か前にこの木のすぐ下に、たくさんのハンガーが落ちているのを見ました。一旦作られた巣を誰かが落としたのだと思いますが、1週間もしないうちにまた作ったのでしょうね。根性!です。


中のほうには、多分枯れ草のようなものも入っているようですが、それにしてもよくまあこんなもので巣を作るものですね。都会(ってここは都会かなぁ)で生きている鳥のしたたかさを感じました。

このしたたかさは見習う価値あり!?

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

永井龍雲さんを応援しちゃおう

最近のトラックバック

無料ブログはココログ