おかにょからのお知らせ

  • ☆申し訳ありませんが、コメント、トラックバックは承認性にさせていただきます。(内容が記事にそぐわないものや、不快感を与えるようなものは削除させていただきます。)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

暑いんだか寒いんだか・・・?

え~っと!

質も~ん!

関東地方は梅雨、あけたんですか~?

 

最近ゆっくり天気期予報とか見ないもんで、全くわかりません~。

 

おまけに寝るときはめちゃくちゃ暑くて冷房入れて寝たのに、明け方あまりの寒さに震えがとまら無いことも結構あって・・・へろへろしてます。(冷房は1時間で切ります。エコなおばちゃんですから)


。。。なんていってる間に7月ももう1日で終わりじゃないですか。

光陰矢のごとし・・・ってか。年取るとほんと月日の立つのが早くっていやになっちゃう。

なのに給料日と給料日の間って何であんなに長いんでしょう?


こどもの頃に戻って、たっぷりの夏休み、もう一度経験したい今日この頃であります。

(財布の中がヘロヘロなのは関係ないけど、頭ヘロヘロしているようです。なんだこのまとまりの無い話・・・あぁ・・いつもと同じか・・・まいっか!)

 

ひとつだけ・・・おかにょの本当にあった怖い話(その5)

蝉も鳴き始めましたね。

だいぶ暑くなってきましたので、この辺で少し涼しくなっていただこうかな~と思いまして・・・久々「怖い話」でございます。

その1

あれは確か17~8年前の迎え盆の日のことです。
田舎では、ちょうちんを持って行き、お参りをしたあと、ちょうちんに灯を灯して家まで帰ります。ご先祖様の霊のいわば道案内です。
その日は娘と姪の2人でちょうちんを持ちました。
殆ど同時に日をつけたのですが、何だか娘のちょうちんが変です。
中に入れたろうそくが物凄い勢いで燃えているのです。
風も殆どなく、本当に娘のちょうちんだけが・・。
結局、娘のちょうちんのろうそくは、家に着く前に燃え尽きてしまいました。
(姪の方のは殆ど減っていないのに・・・)あれは何故だったのか・・・。
迎え盆だっただけになにやらとても怖かったのを覚えています。

その2
5年位前だったでしょうか・・・。
夫が青い顔をして帰ってきました。

夫「今さ、公園の横の道を通ってきたんだけど・・」

夫「ブランコをこぐ音がしたんだよ」
(ちなみに夜の11時近かったでしょうか。)

夫「こんな時間にこどもが遊んでいるのかと思ってみてみたんだよ」

「ブランコが揺れてた・・」

私「ふ~ん、別に珍しくないジャン」

夫「だけど誰も乗ってないんだぜ」

私「じゃぁ、風でゆれたんじゃないの?」

夫「いいや、風はなかった。」

私「・・・」

夫「しかも二つあるのに揺れていたのはひとつだけなんだよ・・・」

夫はめちゃくちゃ怖がりでした。
ですから、怖い話をして私を驚かすなどという事は100%ありえません。
想像してみてください。
真っ暗な公園。誰も乗っていないのにひとつだけ揺れるブランコ・・・

結構怖いと思いません?

こにょ~!

今日妹が久々にメールを送ってよこした。

内容は

「みてみて、かわいいでしょー」

で、なんと子猫の写真!

 

うー!また先を越されてしまった。

 

結婚こそ、私の方が早かったけど、離婚も団地の入居も、妹の方が早かった。

 

短気なのにうだうだしてる私と比べて、妹の方が思い切りは早いのだ。(早ければいいというものではないけどね)

なんか、悔しい。
ニャンコは、めちゃ、悔しい。
張り合うものでもないけど、悔しいぞ~。

 

しかも、「夏休みいつ帰る?と」聞いたら、

「先週帰ったばかりだから、お盆が終わる頃まで帰らない」

むっき~!
ええ・・そうです。

「お姉ちゃんいつ帰ってくるの?合わせて帰るから・・・」なんて優しい言葉を期待した私が馬鹿だったのです、はい。(><。)。。

「ルリカケス」in[BARレモンハート]

友人からの情報を得て今日早速買って参りました。

古谷光敏さんのコミック、「BARレモンハート」23巻。

BARレモン・ハート 23―気持ちがすごくあったかい 酒コミック (23) (アクションコミックス) Book BARレモン・ハート 23―気持ちがすごくあったかい 酒コミック (23) (アクションコミックス)

著者:古谷 三敏
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

漫画本は数多く持っていますが、この系統のものは1冊も持っていないおかにょですが、何故か・・・?

それはですね・・・。

23巻の中に永井龍雲さんの「ルリカケス」を題材にした話があるのです。
タイトルは「ルリ色の哀しみ」。

田舎に帰ろうかどうしようかと悩んだ青年が、龍雲さんのライブに行き田舎に買える決心をします。そこで、先輩とBARレモンハートに行きます。マスターや、めがねさんのうんちく、青年の話(これがしっかりと龍雲さんの紹介をしてくれているのです)そして皆で「ルリカケス・ラム」を傾けます。↓
http://www.nittos.co.jp/s-rurikakesu.htm


「美しいものは何故か悲しいです・・・。このルリ色も龍雲さんの歌も」
と言う青年に[どんな歌か聴いてみたい」と言う先輩。青年はCDを出すのですが
そこにもしっかりと「風樹」のジャケットのイラストが出ているのです。

最後のページには「ルリカケス」の1番、2番歌詞も載っているのです。

それにこの本、お酒のうんちく漫画だけあって、読むと、「あ~飲んでみたい!」という気にさせられます。チョビッとしか飲めないのが残念です。是非読んで見てください。

それにしても何だか嬉しいですね。龍雲さんは知っていたのでしょうか?

ちょっぴり重い歌が多い気がする「風樹」
最近は聞いていなかったのでまた聞きなおそうかな。

風樹 Music 風樹

アーティスト:永井龍雲
販売元:インディペンデントレーベル
発売日:2004/03/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そうそう、嬉しいこともうひとつ。
今日の♪帰りの電車で~♪♪ぐうぜん♪
隣の部屋の奥さんにあって、今日買ったばかりの本を見せたら
「えっ!永井龍雲!道標ない旅の人だよね。私好きだったんだ!」
と言われ、びっくり!私がずっと好きなシンガーがいるのは知っていたけど、龍雲さんだとは知らなかったんだそうで・・・。凄くうれしかったですよ~。
今度CDとか貸してあげるんだ~。で、ライブにも誘っちゃおっと。

うっとおしいなぁ~

毎日はっきりしない日が続いていますね。

降るんかい?晴れるんかい?どっちだい?
みたいな感じ(ちょっと、群馬弁?入っちゃたよ)

熱さを過ぎればなんとやら・・・ではないけど、何だかもう新潟の地震もあまり話題になっていませんね。被災地の方は大変な苦労をしているはずなのに。しかも善意の救援物資も廃棄処分になってるそうですね。↓
http://newsflash.nifty.com/news/tk/tk__yomiuri_20070720it12.htm?ref=rss

それからどこやらの大臣がほっぺに絆創膏張ったのなんのって・・・。そんなこと追求するより、もっと追求しなきゃいけないこと、いっぱいあるんじゃないの~?あの大臣も、吹き出物なんかどうでもいいから、さっさと本当のところ話せよっ!と国民は思っているのに・・・ほんと、うっとおしい!

この中途半端な梅雨のせいか1週間ほど前でしたけどね、プランターの隅にこんなの生えちゃいましたよ。
Photo Rimg0014

Photo_1 朝、気がついたら生えていて、
あっという間に大きくなって2日後の夜には枯れて?いました。

「おいどん」の部屋の押入れに生えていたのは「さるまたけ」おいどんの食料になってましたね。「山田太郎」の先生は覚せい剤作ってましたが(笑)うちに生えたきのこはたぶん食べられなかったでしょうね。幻覚も起こせなかったでしょう。ははは・・・。

それにしても、植えてもいないきのこが生えちゃう、このうっとおしい天気。早くすっきりと梅雨が明けて欲しいもんです。(でも、明けたら明けたで、暑くって嫌になるんだろうな~)

にゃんこ~!(今週のお題)

icon 今週のお題

ペットを飼うなら、あなたは猫派?それとも犬派?


やっぱり猫が好き!

(っていうTVあったよね~、昔。)

 

こどもの頃、どちらかというとつり目だったため「猫目」といわれてかなりひねくれておりましたが、

それでもやっぱり、猫の方が好きみたいです。

 

今の住処では、犬はかなりきついし、散歩もだぶんままならないと思われるし・・・。

 

そのてん猫なら、放っておいても平気だし、注射もちょっとですむし、なにより、肉球さわれるし~。

にゃんこの肉球だ~い好き!ムニムニした~い!

で、今マジでにゃんこ飼う事を考えています。

で、里親募集のHPとか見てるんだけど中々・・。

 

ちなみに私が今飼いたいにゃんこは
☆黒のタキシード
☆鼻は白

☆ソックス

☆女の子

で、2~3ヶ月くらいの子。


でも、我が家の娘達、「飼いたい!飼いたい!」とは言っているんだけど服とか散らかしっぱなし、

もしにゃんこ飼ったら毛だらけになってしまうのでは・・・と、思ってます。

お掃除もせっせとするほうじゃないしなぁ・・・。

やっぱ無理かな・・・。

 

 

 

 

こんな人知らん

友達申請が来ていた。

 

誰?この人?

 

行ってみた。

 

全く知らない子。

しかも入ったばっかり。

でも友達の数が凄い、コメント数も・・。

 

前にもあった。

友録する気がなかったのでとりあえずお気に入りに入れておいたけど、

その子はよそのニュースをまんまコピペして乗せていたみたい。

で、すぐよそのブログに行ったけど・・・。

 

今度も子も写真載せてるけど本人かどうかうそくさいし・・・。

 

だけど、コメント見てたら、何で~と云いながら友録してるんですよね。

来る者拒まず?
私的には何かに利用されそうでいやだな~。

 

それともそんなのでも関りを持ちたいほど淋しい人が多いのかな?

 

世の中不公平だ~!絶対!

先日、新人が入った。
18歳。とても可愛い男の子君である。

高校卒業後、就職したのだけれど、やめてウチにきたらしい。

彼は会社に来てすぐ1週間以上休んでしまった。
ウィルス性のなんたら・・で、入院してしまったそうだ。
本当はもう1週間入院しなければいけないのを、安静にしているという約束で退院。
で、会社に戻ってきた。
が、2日め、家から呼び出し。
彼の母が揉め事を起こしたとかで帰っていった。

彼の母親は、実は少しの間だけれどうちの会社にいたことがある。
仕事も出来て、とても綺麗な人だった。が、すぐにやめてしまった。

彼女は、「うつ」だったようだ。
今はしょっちゅうお酒を飲んでいるようだ。

彼が入った会社を辞めたのは今回のように何回も呼び出されたり、休んだりして、やめなければいけなくなったのだろうと思われる。

兄妹もいるようだが姉は話からすると引きこもりのようだ。
弟はまだ高校生。
父親は離婚していていない。
そして病気の母・・・。。



彼はとてもまじめである。
仕事の覚えもいい。
今時ちょっといないような好青年だ。
そんな彼が必死で働きたくとも、それすらもママならない・・・。

彼がそこらの若者のように過ごしたかったら、親や兄弟を捨てるしかないようだ・・・。


世の中どうしようもない奴がのうのうと暮らしてる。
自分では何もやらず、親の金で遊ぶ奴・・・。
働けるのに働かずに、保護を受けている顔の皮が厚いやつ・・・。
一生懸命生きようとしている人ほど生き辛い世の中のような気がする。

・・・ホントに不公平だ。
死だけは平等。だけどそんな平等はいらない。



(がんばれ!)
心の中で彼にエールを送ることしか出来ない私である。


邪魔者つきで・・・

行ってまいりましたDVDの撮影ライブ。

 

ちょっと小さくなったけれど、お鼻の上に邪魔者つきで・・・。

 

でも会場は暗くて、化粧室も薄暗くて、会場についてから化粧直しもしなかったので、どんな風になっていたのか・・・一応参加者全員を映したそうで、あとでお話したときもカメラ回っていたし、どこを映されたのか全くわからないの・・・。DVDの発売がこわいなぁ・・・

もしかして私だけカットされていたりして・・・。それも悲しいぞ~。

 

複雑な乙女?心わかります~?

 

永井龍雲ライブ~歌魂~inMANDARA

今日はDVD撮影のためのライブでした。

会場は100人ちょっと位でしょうか。

今日は普段あまり見かけない方が多かったように思えます。
ライブ撮影という事で、全国から集まったのかな?
カメラが3~4台?入っています。今日は来てくれたお客さんも全員映すようです。

さて、龍雲さんですが今日は襟元が光る(?)黒のストライプのジャケットに白いTシャツ、ジーンズという衣装で登場。

珍しく椅子には座らずに立ってでハーモニカの前奏で

♪待ちぼうけ
♪悲しい時代に

を2曲続けて歌いました。
ギターのストラップをはずしたり、置いたりするのに何だかあたふた。
で、「これ、カットしてくださいね!」

このあと、スペシャルサンクスで、ピアノに古寺ななえさんを迎えて

♪思い
♪桜桃忌

ギターの笛吹利明さんを迎えて
♪問わず語り
♪暖簾

さらに都留教博さんを迎え、アコーディオンを加え
♪星月夜

ここで、こどもを連れディズニーランドに3デイパスで行ったお話。
2日目のディズニーシーが面白かったそうですが、「皆さん内緒ににしてくださいね」
??
「シー」
究極のオヤジギャグ、しかも古いという事で、またしてもここで
「これカットしてください!」

そのあとは都留さんのヴァイオリンで
♪つま先坂
♪蒼穹

蒼穹は今でも歌うと胸が詰まる・・といっていました。
若い、一番繊細な頃に作ったものだけれど、気持ちがその頃に帰ってしまう・・というようなことをおっしゃってました。(余談ですが私もこの曲を聞くと1人暮らしの部屋を思い出し、胸が詰まります・・・)

今回のDVDは言葉は悪いけど「遺言のようなつもり」で作ったそうです。
娘達に自分の姿を残して置きたいとも・・そして自分の葬式にはこの歌で送ってくれなどという、とんでもないことを言って

♪飛鳥

そして都留さんと2人で
♪かあさんのうた

そしてまた1人で

♪夢の故郷
♪お遍路

また全員が入り

♪ルリカケス
♪鳥のようなもの

そして一旦楽屋へ・・・

アンコールは
♪道標ない旅
ハーモニカで赤とんぼから♪激流


こんな感じでした。
多少違っているかも知れませんがその辺はよしなに・・・

今日の龍雲さん、スタートしたばかりの時は(何か老けた?)って言う感じだったのですが、歌っていくうちにどんどん若返りました(笑)。
どうやら、かなり緊張していたようでした。
緊張はしていましたが、今日の歌声はとてもよかったです。
今日のために調子を整えていたんでしょうね。

ライブのあとも、いつもよりゆっくりとファンの方との写真撮影に応じてくれたり(ここにもカメラが入っていましたが・・)サイン会もゆったりとしていて、いつもより沢山お話ができました。が、帰りに楽屋から出てきたときは疲れきっていたように見えました。

勝手の違うライブで、相当疲れたのでしょうね。
お疲れ様でした!
とてもいいライブ撮影だったと思いますよ。後はこのDVDが一日も早く発売されることと、通販などの購入手段をしっかりとしてくれることを祈って・・・。

山田太郎ものがたりのTV化は・・・

昨日放映の新番組「山田太郎物語」

原作の漫画はめちゃ面白くて、原作大好きの会社の後輩がとても楽しみにしていたので、うにょ、ちにょと一緒に見ました。

が、

やっぱりね・・・です。

漫画の実写はだめです。
特に原作が好きだと、ギャップがありすぎますね。

しかもこの漫画のキャラ設定は、超絶美形王子様、彼が微笑めば男の人でさえドキッとしてしまう・・・というもの。そして、食べ物には異様に執着し、1円でも床にはいつくばって拾う・・・そんなキャラ。

・・・・無理です。

ファンの人にはとても申し訳ないけど、あの笑顔ではおばさんでさえ落ちません。
美形から、物凄い顔に変わるそのギャップが面白いのに、その辺がちっとも強調されていないし・・・。友人役はクールなはずなのに・・・和風で動じないキャラなのに設定が替えられているしね・・・。

まぁ、こんなもんなんでしょうけど、原作を見ないでTVを先に見ればなんとか・・かもですが・・・。

でも、主役のお父さん役、松岡充さんとお母さん役菊池桃子さんはばっちり!です。
あと、五子ちゃんをやった子、可愛かったですね~。
隆子役の子もかわいい・・・って、主役2人以外はいいってこと!?

・・・なんて書いたら嵐ファンの人に怒られそうだけど・・・ごめんなさい!
嘘は書けません!
今回は役どころが難しすぎ・・・って、ことで。
実際、今いる役者さんでこの役が出来る人いるのかな~?
かなり!難しいと思いますよ~ん。

お邪魔者

お邪魔である。

何が・・・って?

 

私の真ん中で、偉そうに立っている・・・あれです。


鼻の上の大きな吹き出物!

(ニキビといえないところが悲しい・・・)

 

日曜日にはお出かけ・・・。

待ちに待ったDVD撮影会のライブに行くのに。

万が一映っちゃたらこんな鼻じゃ・・・一生の恥じゃ~!
(普通に映っても結構恥だけどさ・・)

 

夕べつぶれて膿?と血がたっぷり出ました・・・が、ちっとも小さくならないのです。

前回ライブに行ったときは雨の予報を根性で?快晴にした!?

 

根性で日曜日までに直るかこの鼻???

痛いじゃないのよさ!

今朝は電車で会社に行きました。

改札を抜け、エスカレーターの左側に立って上っていったら、急に右腕に痛みが・・・!

「えっ!」と思い横を見るとエスカレーターの右を歩いて上ってきた人のポケットに
マイナスドライバーが刺してあるではありませんか!

その先が私の右腕をかすめたらしいのです。

その人は少し振り向くようなそぶりを見せましたがそのままどんどん行ってしまい、
文句を言う暇もありませんでした。

殆ど傷はつきませんでしたが、暫く赤くはれていました。

でも、胸ポケットにドライバーをむき出しで入れておくなんて、信じられません。
だって、朝ですよ。込み合う電車の中で、他の人にぶつかったら・・・。
もし自分で転がったとしても本当に危ないですよね。
作業服を着ていたのでこれから出勤する人だったのでしょうが、

「そういう危ないものは現場に行ってから
出せっちゅうの!」


ブラックジャックのピノコジャないけど
「痛いじゃないのよさ
と朝からプンプンのおかにょだったのよさ!

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

永井龍雲さんを応援しちゃおう

最近のトラックバック

無料ブログはココログ