« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

ててんてん、ふてんてん

今朝の事です。
エレベーターで地階から上って行って、1階で止まりました。

同じ会社の子が二人乗り込んできました。

ふと見ると、玄関からもう1人。

「乗りますか?」

と、聞いたが返事無し。

それでも、目の前で閉めるのもなんなので少し待っていたところ、その人はゆっくり歩いてきて、何にも言わずに乗り込みました。

 

私達はもう、目が点状態。

 

普通、声かけられたら返事をするだろう!

乗るなら急ぐだろう!

 

見ると可愛げのないててんてん、ふてんてんさん。

 

同じててんてん、ふてんてんでも柳原加奈子ちゃんみたいのなら可愛いのに!

 

「アー!目の前でドア、閉めてやればよかった!」

と、思ったけど遅いねん。

 

人間やっぱり挨拶と可愛げをなくしちゃいけませんよね~。

浅草や~!

今日はR様のライブで浅草へ。

高校時代からの友人と一緒です。

今日もクソ暑かった~。


浅草は15年以上行ってなかった。
浅草寺は、一見日本人なのに違う言葉を話す方や、明らかに「外国の人や~」という人がうようよ。
仲見世も人がいっぱいであまり見られなかったけど、お手ごろ価格のお土産やさんがいっぱい。ちょっと横に入ると、庶民的な飲み屋さんがいっぱい。色んな劇場なんかもあって何だか楽しかった~。知らなかったけど「花やしき」って浅草寺の隣なんだね~。

友人とはいっぱい話もできたし、ライブは楽しかったし、コスプレの若い子もいっぱい見れておもしろかったよ~。


 

              ↑浅草寺の門

 


         ↑夕映えの五重塔。凄く綺麗だったんだけど、綺麗にとれてな~い!ぐすっ!

永井龍雲ライブ 歌花火’07『浅草 木馬亭』

今回の『歌花火』は8月25日~26日の2日間。

おかにょは仕事の都合で今日だけ行ってきました、浅草は『木馬亭』

普段は浪曲とかをやっている場所らしいです。でも、久々に背もたれつきの椅子。冷房もばっちり効いて快適です。

さて、龍雲さん、今日は黒?紺?の長袖カットソーにブルージーンズ。いつもの白い靴で登場。髪が結構伸びていましたがなぜか、若々しく見えました。

♪Once Upon A Time
♪マイ・ダーリン

最初顔にキラキラ光るものを塗ってきたのか?と思いましたが、汗でした。
タオルで顔を拭くと、わざとらしく扇子を取り出しパタパタ。今回のために作った扇子です。

扇子の宣伝をしながら、前に浅草にお父さんを暮れてきた時の話や、今日は2日目なのでネタがかぶってしまうのだけど、今回のために選曲してきたので変えられない・・・等のお話・・・

♪夏時間
♪君色の夏
♪愛に生まれて

ここでまたお話タイム
田舎にこどもを連れて帰ったときの話や、最近トイレが近くなり夜中に何度も目が覚めてしまい、トイレに行くのに床がどこを通っても鳴ってしまうので参った話等、会場を笑わせます。極めつけは龍雲さん作『新作落語』?
妻と夫の会話で、自虐ネタ?笑わせてもらったけどオチはいまひとつ!?

♪15のあいつ

ここで恒例?歌花火。
合唱?振りつき?で会場のお客さんも一緒に「たまや~!」
今回で2回目ですが、やっぱりちょっと引き気味(笑)Photo

♪今回作ったという新曲?(タイトルわかりません。かなり演歌っぽいです)
♪ヴィオロンの風
♪三度目の秋
♪夏の蝶

今年は30周年で、細木数子さんによればとてもいい年の筈だったけれど、特に売れもしなかったとか・・・。ただ、大学の校歌を作ったり、高千穂町や、対馬にある町の観光大使に任命されたりと、なかなか嬉しいことも多かった。特にこの前発売された古谷光敏さんの『レモンハート』にルリカケスを取り上げてもらい凄く感動した・・・と話していました。

♪ルリカケス
♪今日この頃
♪星月夜(オリジナルバージョン・・おかにょはやっぱりこっちの方が好き!)
♪赤とんぼ~激流

~アンコール~
♪カトレア
♪鳥のようなもの

ここでいつもはお終い。
一旦会場の電気も点きました。
でも、今日は会場のファン、頑張りました。
アンコールの拍手、鳴り止みません。(もちろんおかにょも目いっぱい!)

・・・・で、2回目の本当の?アンコール。
龍雲さん、白い靴を脱いで手に持っています。
帰り支度始めていたんですね~。はは・・。
R「じゃ。何かリクエストがありましたら・・」に
「夢の灯り」(だったよね~?)R「う~ん、それもいいですね」
「人の四季」にR「お・・・それもいいね~」
ハイ!と手を上げたファンの方「一握りの幸せ」
R「どれにしましょう・・」
そこで言いましたよおかにょも。「全部!」
R「全部!?ボクも3曲も歌うほどそんなに暇じゃないんで・・」
(・・・ヲイヲイ・・・)
ギターを鳴らしながら
♪少し~だけ右上がりの~♪「感傷」です。(うわ~!)と喜んでいたら
♪赤茶けた~畳~の~♪(えっ!「ボクの休日」!?これ泣いちゃうよ~)と思っていたら今度は♪西~向き窓の露台に~♪(え~っ!暮れ色!?)と昔からのファン、涙ちょちょ切れもんの懐かしい歌のさわりだけ歌って結局は
♪夏の夜

それはそれで嬉しかったのだけど、それにしても龍雲さん、毎度の事ながらりクエスト聞いといて歌ったことがないんとちゃう?まぁ、大抵のファンの人は知っているけど、はじめての方もいらっしゃるので、そこんとこよろしく!

早い時間に始まったので、終わった後も今日は皆さん中々帰らなくて、龍雲さんと記念写真を撮って帰った方がたくさんいました。「もうお終いです」、と言いながら結局殆どのファンの方と写真を撮ってくださいました。嬉しいことですね。


おお・・忘れるところでした。DVD年内発売予定だそうです。こちらも楽しみですね~。

都内では10月21日に江古田の「マーキー」で、11月10日には足立区の「東京芸術センター天空劇場」でライブがあります。まだ少しチケット残っているようです。是非足を運んでみてくださいな。

(今日の写真はファンの方が作ってくれたタペストリーを龍雲さんが会場に飾ってくれたもの。作ってきたファンの方、凄い!、ちゃんと飾ってくれた龍雲さんえらい!会場がグッと暖かいものになっていました。)

初秋の風

・・・雨には負ける。

・・・強い風にも負ける。

当然、夏の暑さにも、冬の寒さにも負ける。

そんな私ではあるが

夏の終わりに襟元に吹く一陣の涼風。

そんな風になりたいと願う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お前は真夏の締め切った部屋で扇風機から送られてくる風のようだよ!」

などという声も聴こえてきそうではありますが、・・まぁ、人間、なれないものほど憧れるモンでござんす。ふ~ンと聞き流してくだしゃんせ!

延期~!?

友人に誘われ、吉田たくろうのコンサートに行った。

 

いや、行くはずだった。

 

会場の駅前についたら、なにやら人ごみ。

 

『本日の吉田たくろうのコンサートは・・・』

 

何!?今日は中止!12月だって~!?

なんだよ~!

って感じ。

 

私はいいんですよ~。

ただで良いって言われていったんだし、近くだったから。

だけど彼女、静岡からきたんだよ~。

いくらちゃんと振り替えでやってくれるといっても、ここまでの交通費とか、当然払うわけないよね。
私は、今までコンサート中止とかって言う事態に遭遇したことなかったからあ然。

彼女は『3回目だよ~』と笑っていましたが。

う~ん、彼女、体だけでなく心も大きかったのね~。

おかにょの怖い写真2

今日はちょびっと涼しかったけど、まだまだ暑い日が続きそうです。

で、今日はむか~し撮った怖い写真を・・・Photo

ポチっと大きくしてみてください。

わかりますか~。

『大きく写っているのが怖い』
・・・て、貴方、それは若い頃のおかにょです!
お化けではありませんので、念のため。

TVの中をみてください。
真ん中の下の方に小さくスーツっぽい服を着ているのは、野口五郎さんです。
その左上、大きなおかっぱ頭の女の子がみえませんか?
その顔の下の方にかぶるように鼻と口。
右頬のへんにも小さく女の子の横顔。
あとそんな風に見えるだけかもしれませんが、右上になにやら叫んでいるような人の顔・・・。

このあとに撮った五郎さんのアップと比べても、あんなに大きくは写っていませんので、やっぱり何かが映り込んだとしか思えないのですが・・・。

しかし、この写真。
凄く年代を感じます。なんていったってTVの上にあるアンテナ。
今、こんなのないですよね~。はは。

それにおかにょの若いこと!
お見せできないのが残念です!(見えなくって良かったとの声がきこえるぞ~!誰だ~!?)
このぼろアパートにこのあと1年以上は住んでいました。
もしこの写真の霊らしきものが、TVからはみ出していたら・・
絶対にすぐ引越ししたでしょうね。あ~よかった。

この写真は、某宗教団体に入っている友人を通して、そこの方にみていただいて、「持っていても大丈夫」と言われたので持っていました。じゃなきゃアップしてませんよ。見ても呪われることは無いと思いますのでご安心を・・・。

さてと・・・少しは涼しくなれましたか?

道端ではこおろぎが鳴き始めました。
秋はそこまで来ています。
もうちょっと、頑張ってくださいね~。

風にふかれて

帰り道、

「暑いぞ~」

と思い帽子を脱いだ。

 

とたん髪の毛を揺らし、気持ちのいい風が「スー」と

通りぬけた。

 

ふと空を見れば、雲の波。

積乱雲のもっこもっこがとても綺麗。

その上の方では、風に流された雲が銀色に光って・・。

 

振り向き振り向きチャリをこいで走っていた。

信号待ちの車の中の人は

(このおばさん、何をそんなにみているんだ~)

と、不思議に思ったかもしれません。


何気ない自然の美しさを目にした時、こどもに返ったような、少し素直な気持ちに
なれる気がするのは何故でしょうね?

 

わかったにょ~ん!

この前の記事で名前が分からなかったこの花。→Photo_2

名前分かりました!

『牡丹蔓』というのだそうです。

大手SNSの「M」の友人の友人から情報を頂き判明しました。詳しい情報はこちら↓
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/botanduru.html

さすが、大手。
情報収集にはばっちり!?

・・・・・・

何はともかく、分かってスッキリです。
ひとつ物知りになれたしね~。

また、わかんないのがあったら、頼っちゃおうかな~。はは・・。

こどもの名前は『夜露四苦!』

今朝の朝日新聞にこんな記事が載っていました。

http://www.asahi.com/life/update/0817/TKY200708170324.html

・・・なんだかなぁ。

最近子供につける名前変なのが多いです。

絶対普通じゃ読めないようなものをつけてますね~。

これ読めます?

1 将門(将門ではありません)

2 月葵

3 楓琴

これは私が実際に目にした名前です。

1・・・シモン

2・・・るき

3・・・わかりませ~ん!

外国っぽくて、おしゃれで、可愛い名前・・って、一生懸命考えてつけるのでしょうけど。新聞の名前もそもそも星は「「らら」とは読めないでしょう!1はともかく2の「月」。多分月の事をルナというので「る」なのでしょうが、無理です・・・。3にいたっては全くなんと読むんでしょうね~。(相撲取りみたいだと・・・女の子の名前でした)

いくら親が心をこめても、正しく読んでもらえなければ意味がないんじゃないかなぁ?
まるで、TVや、アニメの主人公のような名前では・・・絶対学校の先生など読めないと思いますよ。
行く先々で
「なんとお読みするのでしょう」
と聴かれるのもウザイだろうし、こどものが自分の名前を漢字で書くときも大変ですよね。特に「龍騎」なんてカッコイイTVの主人公のまんまみたいな名前を、習字の時間に書きなさい!なんてなったら、半紙の隅に書けないんじゃないかと・・・。

私の大好きな「永井龍雲」さん。
コレは本名です。確かにかなり変わっているけど、まんま「りゅううん」って読めますよね。
せめて何とか普通に読める漢字を当ててほしいと思います。PCで、変換するのも大変だよ~ン。

これからこどもが生まれる予定の方。
こどもは自分の名前を自分で決めることが出来ないのですから、よーく考えてあげてくださいね。一生付きあっていかなくてはならないのですから・・・。
それから、もし今回私があげた名前に該当する名前をお子さんにつけていらっしゃった方がおりましたら・・・ごめんなさいデス。あくまでも私の主観ですので、気にしないでくださいね~。

田舎のおみやげ?

・・・はありませんが!
空気だけお届けします!

 

 

 

 




写真に撮ると、どえりゃ~い田舎です。ははは・・・。

 

で、鳥好きの兄貴が買っているうちの一つがコレ。


白い孔雀です。雄の筈ですが・・・どうなんでしょ。

 

で、久々に目にしたこいつもアップしちゃおう。


多分オニヤンマだと思います。

特別に顔もアップ。



♪仮面ライダ~、ライダ~ライダ~♪

悔しいことに2回も噛まれてしまいました。

めちゃ、痛かったの~。

 

写真を撮った後はちゃんと逃がしましたよ。かなりヨタヨタですが飛んでいきました。

 

え~、少しは田舎の空気かんじられましたか~?

知ってたら教えて~!この花の名前

一昨日田舎から帰ってきました。

いや~、田舎も暑かったです。それでも、朝晩はかなり涼しかったので助かりましたが・・・。

ところで、今回の帰省で、わんこの散歩しながら見つけたこのはな。

とても綺麗だったんですけど、全く名前が分かりません。Photo

去年まではなかったような気がするのですが、今年はあっちこっちでみかけました。つる状?結構広範囲に咲いていました。

調べてみたんだけど???

誰か知っていたら教えてくださ~い。

ただいま!です。

夕べ帰って参りました。

 

家に帰ってみれば、やっぱり田舎は涼しかった!

日中はともかく、朝晩涼しくて明け方に毛布をかけた日も・・・。なのにこっちでは暑くて目が覚めちゃいましたよ~。

 

前の記事ではコメントの返事を書かず失礼しました。

 

実は田舎の兄貴のPC。なにやらウィルスっぽいのが入ってまして、使っている途中で

「ページがみつかりません」だの

「セキュリティが・・・うにゃうにゃ・・・」だの

 

で、まともに使えないのです。前回の記事も5回くらい書き直しました。

で、どんどん書く事がシンプルに・・・。なんせ、いつ消えるか・・・との戦いでしたので(はは・・・)

で、今日仕事に行ってみれば案の定、ガッつり仕事の山。

しっかり2時間残業させられてきました。
いっぱい休んだので仕事があるのは良いんだけどね・・・きつ~!

 

というわけで、今日はお疲れモードです。

今日は早めにめます。

おやすみなさ~い



 

 

 

田舎にて

暑いです。

しっかりと夏です。

しかも今までに無い暑さだとあにきは言います。

 

でも、朝晩は流石に涼しいですよ~。

昼はセミの声、夜はもうコオロギとか鳴いてます。

 

のんびりまったりしすぎて、帰るのが怖いな~。

びっちり、ぎっしり仕事がまっていそうで・・・。

 

明日は田舎の幼馴染たちと飲み会予定。楽しみだ~。

暑いにょ~!

「暑いんだか、寒いんだか」

なんて記事を書いていくらもたたないのに、何?この暑さ!

 

汗が出たって、ちっとも痩せないし、汗臭いし、冷房使えばだるいし、

あ~!暑いの駄目にゃ~!

昔、6畳一間、風呂なしアパートに住んでいたとき、扇風機あったっけなぁ~?

夏ってこんなに暑かったっけ?

年をとると、暑さに弱くなるのかなぁ?

とにかく、

あついにょ~!


 

で、9日から、田舎に帰ります。

少しは涼しいといいな。

 

涼しくなるのは財布だけのような予感がするのだけどね・・・。







 

 

 

 

へクソカズラ

ヘクソカズラ・・・漢字で書くと、「屁糞蔓」。

あんまりな名前ですね。昨日アップしましたが、気になったので由来を調べてみました。

Rimg0266 ・茜(あかね)科。                               
・学名  Paederia scandens var. mairei            
          Paederia : ヘクソカズラ属               
          scandens : よじ登る性質の               
  Paederia(パエデリア、ペデリア)は、ラテン語の 
  「paidor(悪臭)」ということばが語源。 
       
そばに行ってもほとんど臭いません。
葉っぱとかをもむと、臭いらしいです。で、虫もあまり食べないとか・・。


万葉集には一首だけ載っているそうです。

・・・皀莢(さいかち)に延(は)ひおほとれるくそかづら
   絶ゆることなく宮仕へせむ  
               高 宮王(たかみやのおおきみ)

(サイカチの木にからみまといついているヘクソカズラのように、私はいつまでもお仕えしましょう) 万葉植物事典(北隆館)による。・・・・

花の中央がお灸をすえたように見えるところから「ヤイト(灸)ばな」ともいうそうです。

また「サオトメバナ(早乙女花)」と言う別名もあるそうです。

一度聞いたら強烈な印象の「へくそかずら」。
かわいそうだから、「サオトメバナ」と呼んでやってください。

ど、根性だぜ~!?

いや~!

暑いですね~。夕べは夜の11時を過ぎても蝉が鳴いていました。
暑いと夜でも鳴くんですね、びっくりです。

今日はおかにょの家で一番根性のあるものをご紹介します。

まず、一番目はこの子。日々草君です。Photo

去年買ってきた鉢からのこぼれ種から見事に開花。
本当に毎日新しい花を咲かせてくれています。
な~んにもしないのに花を咲かせるこのけなげさ・・・。

さて、二番目はこの子。ポーチュラカさん。Rimg0286

なんとこの子はベランダで越冬した「ど、根性」の子です。
去年も越冬ポーチュラカの記事を書きましたが、前回は室内。この子は、いけそうなのでそのままベランダに・・。
中々咲いてくれませんでしたが、日に日に花をつけてくれるようになりました。これからもまだまだ咲いてくれそうです。

買ってきてそのまま楽しむのも良いんですけど、こんな風に頑張って咲いてくれると、本当に愛おしくなりますよ~。

さて、ど根性と言えば、夏になるとごんごん生えてくる雑草類。お庭をお持ちの方は大変だとは思うのですが、抜く前にちょっと見てやってください。結構可愛い花をつけている子がいるんですよ。
夏の雑草の中でおかにょが『かわいそうだな~』と思うお花のひとつにこの子がいます。なんて名前だと思いますか?Rimg0266

なんと『へクソかずら』と言う名前です。結構そこらの草むらに生えているのですが、よく見るとかわいいんですよ~。いったい誰がこんな名前をつけたのでしょうね。春の「オオイヌノフグリ」と同じくらい可愛そう・・。

さて・・・、まだまだ暑い日々が続きそうです。

我が家のお花や、雑草君たちに負けないよう頑張ってこの夏を乗り切りましょうね~!

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

永井龍雲さんを応援しちゃおう

最近のトラックバック

無料ブログはココログ