« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

勉強しろよ!

仕事帰り声をかけられた。

「あのぉ~、ちょっといいですか?」

えっ?私?

「素敵なおめし物ですね」

はぁ~?

なんじゃコイツ、誰に話しかけてんの?

私のこの服のどこが『素敵』なんじゃ~!
ジャケットは、娘の福袋から勝手に頂戴した『ゴンキン』ではあるが、この暗さでは
どこのか・・何てわからないだろうし、おばさんが着て『素敵』になるような代物じゃ~ないわな~。ジーンズなんて、完璧オバサン仕様の物だし・・・よそ様から見えるのはそれだけやろがっ!それのどこを見たらそんな台詞が出てくんの~?

「私、そこのビルで運勢鑑定をやっているものですが・・・」

ハイハイ・・・そうでございましょう。

「結構です!!!」

・・・・それにしても、いくらキャッチでも、十年一日のごとく同じ台詞を言っているんじゃ~ないよ!
女の人だったらとりあえず服を誉めなさいとでも指導されているんだろうけど、少しは相手を見て話せって指導しなさいよね!

「金な~い!」
「服な~い!」
っていつも思っている人にそんな話しかけをしたら、パンチが飛ぶってもんです。

もっと、勉強して出直しなさい!

正直者!

ちょいと前の事で恐縮ですが・・・

ベランダに出しておいたアロエ。

葉っぱがこんなになっちゃいました。Photo











で、お部屋にしまいました。(ちらかってます・・・まぁ、ちょっと無視してね)
     すると1日後はこんなになりました。Photo_2













     で、、3日後こんなに復活です。Photo_4













何て正直者なんでしょうね。
手をかけてもどんなになるか判らない子どもなんかと違って(?)
可愛いもんですよ~。
この素直さ、うちの子供に見習わせたいわ~。

これって下ネタ?

夕べ何気なく足を掻いていて、ふと思った。
・・・すね毛が長い。

 

傍にいた次女に

「ねぇ、このすね毛を抜いて付け睫毛を作ったらどうだろう」
と聞いてみた。

案の定
「汚いこといわないでよ!」

 

[じゃあブログのネタにでも・・・」

と言うと

「お母さんそんな下ネタはやめてよね!私大嫌い、そういうの話題にする人って!」

とのたもう。

確かにすね毛は下の方にある毛だけどさ~。

これって下ネタでしょうかね~?

それにしても、娘よ。

18歳にしては潔癖だね~。

私もそんな時代があった・・・筈!(やっぱりおばさん化してるんだね)

これだと、他の人のところでしているあんな話やこんな話は絶対にみせられんね~。

 



 

 

 

レモンとみかん

先日、社長がみかんを多量に買ってきてくれた。
休憩室に満ちる、みかんのなんともいえないいい香り。

ふと、何かが心を掠った。

「みかんは・・・コスモス・・ ・車輪車輪車輪・・・」

いや違うそれはレモンだ!

 レモン   はたち よしこ

レモンは
遠くへ 行きたいのです


うすく切れば
それがわかります


うすく切れば
いくつもの 車輪


いいかおりをふりまいて
車輪 車輪 車輪


レモンは
遠くへ 行きたいのです
  


確か子どもたちの教科書に載っていた詩だ。
そうか・・・レモンは遠くへ行きたいのか・・・。

じゃみかんは・・?

   みかん   おかにょ

みかんはどこにも行きたくないのです
炬燵の上でじっとしているのが好きなのです

かごの中で寄り添っている
みかん・・・みかん・・・未完

みかんは炬燵の上で哲学しているのです。

な~んちゃって!
寒い季節にはやっぱり炬燵でみかんです!

あ~!
日本に生まれてよかった・・・。

 

浅草「ふくまる旅館」

何回か言っているとは思いますが、おかにょはあまりTVドラマは見ていません。

しかし、最近見ている番組、これがTBS月曜8時からの 「浅草ふくまる旅館」です。
主演は西田敏行さん。

何故?理由はごく簡単。挿入歌に龍雲さんの「今度生まれてくるとしたなら」が使われているからです。

西田さん演じるところの主人公は、超おせっかいで、身近にこんな人がいたら「ウザイ!」の一言。
ベタベタなドラマです。
だけど、見てると、この臭さがいい味なんですよね~。
西田さんだからかなぁ。

で、先週から、お話のクライマックスに「今度~」が流れています。
これがよくあっているんですね~。
西田さんの歌は龍雲さんと比べると軽い感じなんですが、ちょうどいいくらいかな?



よく、ドラマに主題歌を歌っている人が出演したりするじゃないですか。
龍雲さんも出たらいいなぁ・・・と思い、もし龍雲さんがでるとしたなら・・・と、考えてみました。


福丸旅館にギターを持った男(龍雲)がやってくる。
金回りは良くなさそう。疲れた顔をしている。

大吉がフラフラ外を歩いているとギターの音。
泊り客が弾き語りをしている。いい声である。
歌い終わった客に大吉は話かけて、事情を聞く。

客は売れないシンガー。奥さんからはもう歌うことをやめるように頼まれているが、歌を捨てきれない。けれどこのままでは食べていけないのでもうやめるつもりである・・。だけど・・・。

それを聴いた大吉はやめるのはもったいないと思い、商店街の人たちに話を持ちかけ、ミニライブを行う。
そこにはもちろん奥さんを呼んでおく。
そこで、歌を聴いた奥さんは旦那さんの歌を愛する心を知って、シンガーを続ける事をみとめ、泊り客も、そのミニライブをきっかけに、注目を浴びて・・めでたしめでたし・・・。


ってなところでどうでしょう。
思いっきりどこにもある話ですね~。ベタベタですわ~。
おかにょの考え付くのはこんなもんです。
ははは・・・。

永井龍雲コンサート 「天空劇場」

昨日、東京芸術センター21Fの「天空劇場」での永井龍雲さんのライブに行って参りました。

今回は奄美・徳之島ちゅ企画の為いつもとはちょっと違う雰囲気です。キャパ400前後でしょうか?ほぼ満席。平均年齢は多分、60歳をこえるのかな?

さて、コンサートはRIKKIさんと貴島康男さんの二人の島唄からスタート。

お二人とも、美男美女です。そしてすごく素敵な歌声。
でも・・・、島言葉での唄は歌詞が全くわからないんです~。
ちゃんとわかっていたら、もっと楽しめるのにな~、とちょっと残念。
5曲ほど歌って、龍雲さん登場です。

今日の衣装はカーキー?グレー?のシルクのジャケットに紫っぽいグレー細身のパンツでした。
♪うりずんの頃
♪人の四季
♪茜草

今日の客席を見て
「今日は奄美の人達が殆どのはずですが・・・前の方にいつものファンの方が来ていますね、今日は奄美の方の為のコンサートですので、あれを歌えこれを歌えとか、言わないで下さいよ!」
客席は前の方が一般の方、後ろの方が奄美の方がまとまって座っていらしたようです。

ここで、ピアノ伴奏に古寺ななえさん登場。
ななえさん、黒い素敵なスカートを穿いていらしたのに「カーテンですか?」全く失礼な、ぎりぎりのジョーク。ダメじゃん!

♪想い・・・(ここでホリゾントがグリーンに。あぁ・・・・コンサート会場だぁ・・と実感)
♪つま先坂
♪標ない旅
♪血の河

ここで、古寺さん退場。変わって出ていらしたのが「サプライズゲスト」平浩二さん。

チラシにもしっかりと印刷されていて、ちっとも「サプライズ」ではありませんでしたが、
何がサプライズかっていって、平さんの衣装!
真っ赤なスーツです。特にジャケットはライトが当たってき~らきら。
龍雲さんが平さんの新曲「島の人」を作ったときからのご縁だそうですが、平さんのご両親も奄美の出身だそうで、意外な縁にびっくりしておられました。平さんは
♪島の人(びっくりするようなド演歌でした)
♪バスストップ
2曲を歌われて退場。すごいインパクトでした~。


♪崑崙花
♪お遍路
♪るりかけす

最近は島唄と呼ばれるような作品を結構作るようになったけれど、島唄の第1号と呼べるとしたなら、お遍路だそうです。ルリカケスは例によって会場のあちこちで、涙をぬぐう人の姿が・・・。

♪暖簾
♪今度生まれてくるとしたなら

西田敏行さん主演のTVドラマ「浅草ふくまる旅館」の挿入歌であることを説明してから歌いだしましたが、おかにょの傍にすわってらしたかた、多分初めて聞きにいらしたと思うのですが、曲が始まったとたん大きく「うん、うん」ってうなずいていました。やっぱりドラマのように大勢の耳に止まる機会があるって事の影響力にびっくりです。
龍雲さんも「みなさん、いい歌ですね~、誰が作ったのですか~とか、TV局の方にどんどん言ってください」何て言ってました。会場から「サイコ~!」の掛け声がかかると「掛け声は嬉しいんですが・・・今日はCDやDVD会場で売ってますので・・・」とまたギリギリのジョーク。

♪激流

アンコールの拍手で再び登場。
折角ですので、貴島さんとRIKKIさんも登場。
このために練習したけど「、全然合わないので、やめよう!」と言う龍雲さん。
めちゃくちゃ逃げ腰。でも、お二人がサポートするという事で島唄に挑戦。

♪かなよねんねこよ(龍雲さん、失敗しちゃってやりなおしました~)
♪よいすら節

最後は太鼓も入れて
♪六調

始まったとたん、会場の方が立ち上がり踊りだしました。
おかにょは最前列だったので、立たされて踊らされる事に・・
「踊る阿呆に見る阿呆同じ阿呆なら・・・」と開き直って踊りましたよ。へたくそだったけどね~。

いつもとは違う龍雲さんのライブでしたが楽しかったです。

ライブの後で、奄美出身の方とお話できました。龍雲さんの唄を始めて聞いた時涙が止まらなかったと・・・。そして龍雲さんが奄美と縁があることをとても誇りに思っていらっしゃるようでした。龍雲さんもお母さんの地元の方々にこんなにも思っていただいて幸せだな~と、こちらまで嬉しくなりましたよ。ますます頑張らなきゃね~龍雲さん!

天国からの手紙

いつもコメントを下さるさかたさんのところで教えてもらったサイト。

その名も

「天国からの手紙

死んだ自分が今の自分に手紙を出す・・・というもの。
面白そうなのでやってみました。


元気ですか?2007年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
わたしは75歳で、つまり西暦2035年に、生涯を終えます。周りに迷惑かけてばっかりだったけど、楽しい人生でした。
だたひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。それは 2015年の春のことです、わたしはフランスのワイン畑へ出かけることになります。そこには人生を変える運命の出会いが待っています。 楽しみにしていてください。
最後にひと言、75年間生きてみて思ったのは「音楽は人を幸せにする」ってこと。
では、また。
これから先も悔いのない人生をたのしんで。
                        - 2035年の天国にて


何故フランス?
わからん・・・・。でも、最後の一言は納得。

おかにょは現在の姓でやったけど、旧姓でやればまた違うだろうしね~。
脳内メーカーと同じで、字の配列とか年齢なんかでアットランダムになっているんだろうけど、よく色々考えるもんだな~と、感心です。

面白そうなので、興味がある方はここ↓
        http://uremon.com/heaven/

面白いの出たら教えてね~。









むぐったい

あれがあそこに入ると、なんともいえない気持ちになります。


モヤモヤと落ち着かないのです。

 

胸を思いっきりはだけたくなるような・・・。

 

こんな気持ちは男の方にはわからないでしょうね・・・。

あぁ・・・むぐったい。

 

 

 

 

 

「むぐったい」ってわかりますか~?

うちの田舎の方で「くすぐったい」って言う意味です。

 

本当にむぐったいのですよね。

髪の毛が胸の間に落ちると・・・。

たった1本でもめちゃくちゃくすぐったくて、でも髪の毛だから、すぐ見つからなかったりして、結構悶々としちゃいます。

仕事中なんか結構いらつきますよ~。

 

昔北海道の子と同室だったことがあって、ふざけっこでくすぐったりして遊んでいて(いや、コチョコチョってですよ。なんか書いてたら危ない事していたんじゃないかと誤解されそうなんで・・・)

「むぐすな~」って言ったらすごくびっくりされちゃった。

北海道で「むぐす」ってお漏らしの事なんだって。

所変われば言葉も変わる・・・楽しいびっくりでした。

あぁ・・・背中がむぐったい~!
誰かかいてくでぇ~。

喪中はがき

年賀状の話題が出る季節になりました。

そして、今時にぽちぽち来始めるのが「喪中はがき」

今日、1通の喪中はがきが届きました。

綺麗な字で、私の名前が書いてあります。

差出人は・・・

熊五郎先生でした。

八月に奥様が亡くなったとのこと。

先生は、お子さんがいらっしゃらず、奥様と二人だけの生活だったはず。

色んな思いを奥様と積み上げていらっしゃったことでしょう。

その奥様を亡くされた先生の事を思うとなんとも痛ましいです。


・・・・先生、ご飯はちゃんと食べていますか?
    洗濯やお掃除大変ではないですか?・・・・・・・・


こんな離れた場所で、心配したって何にもなるわけじゃないし、近くにいたってきっと何もできないことはわかってはいるけれど・・。

でも、葉書を出せているくらいだから、きっとちゃんとできているんでしょうね。


先生、がんばれ!
今度機会があったら、田舎に帰った時、顔を出します。
だからいつまでも元気でいてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・

最近は何通も喪中はがきが届くようになりました。
そんな年齢になってきたという事ですね。
自分は喪中はがきを出したくない・・と思ってはいますが、そうも行かない。
どんなにあがいても人間には寿命と言うものがありますから・・。
できればできるだけ長い間出さずにすむことを願っています。

龍雲さんの誕生日2

今日は永井龍雲さんの50回目の誕生日です。


お誕生日おめでとうございます!

私達ファンにとっては天国のおかあさんに、
「龍雲さんを生んでくださって有難う」
と言う日でもあります。

今年はちょうどデビュー30周年。
すごく精力的に頑張っていました。
2人の娘さんを思うパパ龍雲の優しさと、強さ、そんなものもすごく感じた年でもありました。

♪人生50年~♪

織田信長さんの時代ではそんなものだったかもしれないけど、平均寿命が80歳を越す現代。龍雲さんには、いつまでも歌い続けて欲しいと思います。
80歳になってもあの高音が出たらすごい・・・って流石にそれはむりかな?
でも、若いときと比べて、今でも遜色のない歌声、それどころかますます艶っぽく?なってます。できないこともないかも。

龍雲さんが頑張っている限り、応援し続けていくんだろうな~って思います。
それもまたこれからの私の人生に張りを与えてくれるんじゃないかな。

と、言うわけで、今夜は龍雲さんに

「かんぱ~い!」

???な人

先日、友人の日記に書いてあった変な人。
彼女曰く「ネギ男」

彼女が電車で見かけた?な人。
なんとネギに鎖(犬のリード)の様なものをつけて引きずって歩いていた・・というもの。

それを読んだとき、(何て変な人がいるものだ・・・)
と思いました・・・が、その日記を呼んだ次の日、おかにょも会いました。?な人。

朝、いつものようにチャリンコで会社へ行った時、前からなにやら変な声がします。
見てみると、前から歩いて来た人が

あ・え・い・う・え・お・あ・お・・・

と、演劇の発声練習のようなことをしながら歩いてくるのです。
(ひょえ~)と思いましたが、そのままチャリ置き場へ・・・。

するとまだその声が後から着いてくるのです。
振り返ってみると、その御仁、お腹に手を当ててさらに大きな声で練習?
よく見ると、その御仁スーツを着ているではありませんか。
鞄もちゃんとビジネス用です。
その格好で大きな声で
あ・え・い・う・え・お・あ・お・・・・

です。もうびっくりですよ~。
で、おかにょは地下の駐車場を通っていくのですが、何故か地下中にその声が反響しています。あの御仁は駅に向かっていたと思われるのだけど、駅に着くまで発声練習をしていたのかしらん?ある意味すごい!

娘の先生の家の近くには、いつも「あの鐘を鳴らすのはあなた」をチャリンコに乗って歌って回るおっさんがいるそうです。周回しているらしくその先生の家のところに来る時はいつも同じ箇所の歌が聞こえるとか・・・。

まぁ、実害がなければいいですけどね。
本当に???な人って結構いるもんなんですね。

実感・・・オバちゃん化

先日、田舎の幼馴染に電話をかけたときの事。

Y(友人)「おかにょ、いい話があるんだよ」

K(くみにょん)「何、なに?」

Y「Sちゃんがさぁ(同級生、男性)・・愛人作って市内にアパートまで借りてやっているんだって!」

k「えっ!それのどこがいい話なの?」

Y「こういうのがいい話なんじゃない!」

・・・・・・・・・・・。

ぶっ飛びました。
ヲイヲイ・・・・なんだよ~。

よっぽど暇なのか・・・やはりオバさん化してるのか・・。

だけどこの幼馴染の情報網たるやすごいものがあります。

田舎に帰るたび、実にいろ色な情報を私に提供してくれるので、私も結構情報通。

私の帰省ライフを楽しくしてくれるのはこいつ。

なくてはならない大事な幼馴染。

だけど・・・やっぱりオバちゃん化しすぎだぞ~。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

永井龍雲さんを応援しちゃおう

最近のトラックバック

無料ブログはココログ