« 龍雲さんの誕生日2 | トップページ | むぐったい »

喪中はがき

年賀状の話題が出る季節になりました。

そして、今時にぽちぽち来始めるのが「喪中はがき」

今日、1通の喪中はがきが届きました。

綺麗な字で、私の名前が書いてあります。

差出人は・・・

熊五郎先生でした。

八月に奥様が亡くなったとのこと。

先生は、お子さんがいらっしゃらず、奥様と二人だけの生活だったはず。

色んな思いを奥様と積み上げていらっしゃったことでしょう。

その奥様を亡くされた先生の事を思うとなんとも痛ましいです。


・・・・先生、ご飯はちゃんと食べていますか?
    洗濯やお掃除大変ではないですか?・・・・・・・・


こんな離れた場所で、心配したって何にもなるわけじゃないし、近くにいたってきっと何もできないことはわかってはいるけれど・・。

でも、葉書を出せているくらいだから、きっとちゃんとできているんでしょうね。


先生、がんばれ!
今度機会があったら、田舎に帰った時、顔を出します。
だからいつまでも元気でいてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・

最近は何通も喪中はがきが届くようになりました。
そんな年齢になってきたという事ですね。
自分は喪中はがきを出したくない・・と思ってはいますが、そうも行かない。
どんなにあがいても人間には寿命と言うものがありますから・・。
できればできるだけ長い間出さずにすむことを願っています。

« 龍雲さんの誕生日2 | トップページ | むぐったい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんちは~

そういう季節ですね・・・私も30を超えて・・・親を亡くされる友人がちらほら出てきました・・・限りあるものだからこそ・・・それまでの時間や・・・想いや・・・考えを・・・ちゃんと伝えておきたいですね!

>喪中はがきが来ると、やっぱり考えちゃいますよね。差出人の胸中だけでなく、いろんな人の生き方とか・・・。悔いの残らないよう生きて生きたいものですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喪中はがき:

« 龍雲さんの誕生日2 | トップページ | むぐったい »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

永井龍雲さんを応援しちゃおう

最近のトラックバック

無料ブログはココログ