« 君が美しすぎて | トップページ | だじゃれ王さまの誕生日 »

バスガイドさん!

コネタマ参加中: 子どもの頃に“将来なりたかったもの”は何

友達は花屋さんとか、パン屋さんとかお嫁さんなんて言っていたけど、おかにょはバスガイドさんだったなぁ。


(年がばれるけど)田舎の事とて職業婦人?的なのはバスガイドさんくらいしかいなかったのじゃぁないかな。

日めくりを1枚ずつ剥いで行くと1cm位の幅の切れ端が残るでしょ。
それを切符に見たてたり、小さな松の木(杉だったかなぁ?)に乗って、木を揺すりながら
♪運転手は君だ車掌は僕だ~♪
何て歌っていたもんです。


小学校に入ると「バス旅行」(今なら社会科研修っていうのかな?)に必ずガイドさんがついて来ていました。
で、生徒が飽きないように歌を歌ったり、クイズを出したりしてくれましたよね。
笛をピッ!ピッ!って吹くのもとても格好良く見えたものです。

歌うことと目立つことが大好きなおかにょ様でしたから、これはやはりツボだったわけです。

でも、中学で進路を考えていた時に母が
『何やってもいいけどバスガイドと看護婦だけはやめな』

今思えば娘に大変な仕事について欲しくないと言う親心だったのでしょうね~。

でもその一言でその後バスガイドになろうという気持ちは失せてしまいました。

で、その後は
『何になりたい』とか
『何をやりたい』
とか言う所謂『夢』みたいなものは見ない超現実主義な子になってしまったわけであります。

う~~~~ん、つまんないね~。

もう1回若い日に戻っていろんな職業とか体験してみたい気がしますね~。
でもきっと努力できないで結局「夢なしおばさん」になりそうな気がする・・・困ったもんだ。

« 君が美しすぎて | トップページ | だじゃれ王さまの誕生日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小さい頃なりたかったものは、ピアノの先生と漫画家でした。
しかし4才半から習っていたピアノは中学の部活(ブラバン)が忙しくて練習できなくなり、やむなく止めました。
漫画家は、漫画家の現実(画力とか体力とかいろいろ)がわかったころ自分に才能が無い事を思い知り止めました^^;

でも、ピアノは8年前までやっていた保育士時代に大いに役立ってくれたのでそれが救いです^^

>実桜様

お絵描きが上手で、ピアノも上手・・・
素敵な保育士さんだったのでしょうね~。

お転婆な子だったので・・^^;
憧れは・・保母さんか看護師だったかな。。
でも血を見るのが恐かったたのであきらめました。。あとは、婦人警官?!真剣に考えた時がありました・・アハ^^v
小学校最後の時校長先生を囲んでの給食を摂った時『将来何になりたいのかな』と。。と
懐かしいかったわぁ~~あの時^^v

>giraffe様

婦人警官!
giraffeさんには似合っていたのでは?
(お会いしたことはないですけど・・・文章の感じから、とっても真面目で正義感の強い方っていう印象があるものですから・・・)

考えると、今の子供たちって、あまり『何になりたい』とかって思わないような気がしませんか?
なんだか寂しい時代のような気がしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115371/28246747

この記事へのトラックバック一覧です: バスガイドさん!:

« 君が美しすぎて | トップページ | だじゃれ王さまの誕生日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

永井龍雲さんを応援しちゃおう

最近のトラックバック

無料ブログはココログ