おかにょからのお知らせ

  • ☆申し訳ありませんが、コメント、トラックバックは承認性にさせていただきます。(内容が記事にそぐわないものや、不快感を与えるようなものは削除させていただきます。)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

親の知らぬ間に・・・(ちゃみだよ15)

1歳を過ぎて、ちゃみは本当に大きくなりました。

特にここ↓
Photo
お腹がタルタル、ぽよぽよです。

でも触るときもちいい~。


ちゃみは外を見るのが大好き。
網戸越しの風を受けながら気持ちよさそうに・・・時にはベランダの虫を威嚇しながら・・・
何時までも見ています。



最近では朝、外が白み始めるとおかにょの部屋にやってきて『く~~~ン』と子犬のように甘えた声を出して窓を開ける催促。

眠いので無視してると何時までも鳴くので根負けして窓を開けています。



ところが・・・です。


今日洗濯物を干そうとしていたら・・・ベランダになにやらいる!



ぎょえ~~~ちゃみだ~。



見ると網戸が10cmくらい開いています。

慌てて捕まえて別の部屋に置いたけど猛ダッシュでまたベランダに出てしまいました。

同じ棟に住んでいた方に前に飼い猫がベランダから落ちて死んでしまった・・・と言う話を聞いていたので、もう必死で捕まえて部屋の中へ・・・。

また網戸を閉めましたが簡単に開けてしまいました。



まったく何時の間に覚えたのやら・・・。


子供もにゃんこも親が知って欲しくないことほど早く覚えるものですね~。



これからもっと暑くなるというのに、これじゃ、窓を開けて出かけられないなぁ・・・
という事はエアコンかける・・・?


う~~~!電気代を考えたらすっかり涼しくなってしまった。(私が涼しくなってどうすんじゃい!)

まじ頭痛いっす!
ちゃみのお腹写真だけじゃなんなので
P6081172

正面から・・・。
手にしているのはマタタビの木です。
小さい頃はあまり喜ばなかったけど最近は好きみたい。(これは安売りの時買ったけど普通に買うと結構高いので、実はもうない・・・あはは)
そのうちどこかの優しいお姉さんがプレゼントしてくれるから、ちゃみそれまで待っててね。
(な~んて言って見たりするおかにょでありました)

ぶっちゃけ・・・

コネタマ参加中: 『DANONE BODY-ism Calcium Works』モニターキャンペーンスタート




1週間ぶりの更新でございます。

先週のライブポカ事件ですっかりとめげていたおかにょのもとへ
先日モニターに応募していた
『DANONE BODYーism calcium Warks』
が届きました。

2本セットでこんなのです.↓
P6271215

これを1日1本で1日に必要なカルシウムの50%を摂取できるそうです。


そろそろ人生の曲がり角のおかにょにとってもカルシウム不足は気になるところ。
と言っても中々摂取するのは大変。
毎日煮干を食べるのもね~、ちゃみと争奪戦になりそうだし・・・はは。


で、早速試飲です。


まず常温で飲んで見ました。


う~~~~~ん。
何かペットボトル臭い感じ。
みにょにも一口。
「まず~~~」
ちにょにも一口。
「レモン水だ」

送られた栞には
「ナチュラルミネラルウォーターベース」
「レモンフレーバー」
と書いてある。うん、嘘はいってないねぇ。

で、これはちょっとなので今度はしっかりと冷やしてから飲んで見ました。


うん、これならさっきよりはずっと飲みやすい。
もう1回みにょとちにょにも飲ませてみました。

やっぱりよく冷えていたほうが飲みやすいようです。



ごくごく飲めるって言う感じではないので、あくまで「体にいいもの摂ってる!」って感じじゃないと続けられないかな。

おかにょ的にはもう少し小さいサイズのボトル、(コラーゲンとかのペットボトルのサイズ、350よりもうちょっと小さい感じの奴)だと良いかなぁと思いました。ちょっと500は多いですね。


でも確かにこれから下る一方の人生。
骨折とかして寝たきり・・・なんてことも遠い世界じゃないような・・・。

見た目だけじゃなく体の中のこともしっかりと気をつけていかなきゃいけないなぁ・・・と考えさせられました。
ですので残りの1本。
しっかりと頂かせていただきます。


興味のある方はこちらのサイトへ→「ダノン ボディイズム」



カルシウム取ったらもう日にち間違いしなくなるかなぁ・・・
(ってまだ引きずっていくおかにょでありました。)



高額当選!

やりました!

ジャンボ宝くじ高額当選です!

 

 

な~~~んて行ってもミリオンのほうで、2等。

1万円です。


でも今までの最高が3000円だったからその3倍だぁ~。

私にとってはかなりの高額!

でもジャンボはまったくのスカ。

で、3000円×2で6000円。

だけどチケットを買って楽しみにしていたライブをおおぼけかましていかれなかったという事がありまして、そのチケット代が5500円。

両方たすと・・・あれれ?

あんまり嬉しくない気持ちになっちゃったのでこの辺で・・・。

幻のライブ?

毎年恒例の永井龍雲さんの鎌倉のライブに行ってまいりました。

鎌倉はしっとりと雨に濡れ・・・・

と、書く筈でした。


ここに来られた方も

「おお!今回は随分早いライブ報告だ!」
と思ったことでしょう・・・。

ここで賢明な読者?の方は気がつかれたことでしょう。





はい。

おかにょ、今回ライブに行っておりません。

めちゃくちゃ間抜けなことにライブの日を来週と思い込んでいたのです。



昨日はちにょの誕生日だったのでプレゼントを買ってあげるために一緒に外出。
その途中でも話をしたて来週だ~!」って言っていたのにチケットの確認もしなかった・・・うう・・・。
おまけに携帯の電源が切れてしまっていたので、途中友人から電話が入っていたのにきづかず・・・。

家に帰り充電した時に電話に気が付き(そこでもまだライブのことに気が付いていないあほ・・・・)メールで「何かありましたか~?」と打っている途中になって初めて(もしや!)

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!




気が付けばもうどんなに頑張っても間に合う時間ではなく・・・・ウウウウ・・・・自分のあほさかげんに涙がでてきました。




父の病気のごたごたで今回見にいけるかどうか危ぶんではいました。

それで日にちを勘違いして思い込んでいたらしく、実は昨日からまた田舎に帰ろうとも思っていました。思いのほか父が元気なようなので帰りませんでしたが・・・。


最近よくライブの日にちを1週早く勘違いしてチケットを見直すというようなことはしていますが、1週間後と間違えるなんてことは・・・・ううううう・・・(これも老化現象か!)




今日は仕事だったうにょが帰ってきたので話すと
「でも人の分のチケット持っていなくて良かったね・・」と・・・。


確かに今回1枚先に譲っておいたのでそれは不幸中の幸いでしたが・・・(逆に言えば当日渡しにしておけば行き忘れるなどという事もなかったかも・・・ですが・・・)



ちにょにいたっては
「良かったジャンお母さん。ブログネタが出来て」



こんなネタならいらんわい!




・・・今後おかにょと同じjライブに行かれる方、ぜひ前日にメールか電話をくださいbearing




ライブにいかれた方、アホなおかにょの代わりにコメント欄にでも報告お願いします。
はぁぁぁぁぁぁ。





「医は仁術」じゃないね。その2

・・・続きです。

で、私が行った時は大部落ち着いてはいましたがかなり苦しそうでした。

妹と義姉が付き添っていましたが夜中に「死んだおばさんが来ている」と言ってびびらせたそうです。

あくる日私たちが見舞いに行った時父はかなり元気になっていて、ベットの上に自分で起き上がっていました。

その時担当医が来ました。
そして
「病状のことは聞いていますね。腫瘍がかなり大きくなっていますからね。でもこの様子では2,3日でどうこうという事はないでしょう」
と言い始めたのです。

父には告知していないのですよ!
担当医ならそのことは知っているはずなのに患者の前で、病状のことを口にだすなんて!

私はかなり大きい声を出して父に話しかけ医者の話が聞こえないようにはしましたが・・・。

実際熱がかなり出ていたし、言っていることもおかしかったりしたので、医者は「ぼけているから大丈夫」と思ったのかもしれません。
それにしても「2,3日でどうこう・・・」何て信じられません。


あとで聞いたら前に「蘇生処置はしません」といいたのがその医者だったそうです。


もう、ムカついてムカついて、どうしてやろうか・・・!と思ったのですが、田舎のことで、近くには大きい病院はここくらいしかなく、またこんな状態の父を家に連れてなど帰れる筈も無く・・・

肺炎になったときに一人部屋に移されたのですが、あとで考えてみても医者が病室に来るのもほとんど無く、来ても何を見るでなく離れた場所から顔を見るだけ。
その部屋はもう死ぬのが決まった人が入るような感じを受けました。
病気を直してやる・・と言う感じをまったく受けなかったのです。


父はずっと点滴を抜いてしまうから・・・と言う理由で大きなミトンをつけられていたのですが、傍に人がいて、抜かないように見ていれば外してもよかったらしいのですが、そんなことは一言も教えてくれなかったため、嫌がって外したがる父にずっと我慢させていました。

痰が絡んだのを管で吸い取る処置も、もう嫌そうに物凄く乱暴にやって、見ていてかわいそうでした。
頭ではわかっているんですよ。そういう風にしなければいけないってこと。
看護師さんだってわざと乱暴にしたわけではないし、わざと教えなかったわけではないという事は。でも、ねぇ・・・。

今回一晩だけ父に付き添いました。
夜になると看護師さん一人で24人くらいを見なくてはならないそうです。
そんな状態ではもし一人重篤な患者さんがいたら、ほかの人はほっぽりぱなし状態になってしまうのじゃないかと思いました。
夜になると帰されたのはそういう事もあるのかな、と。

看護師さんの仕事も細分化されていて、点滴を見た人に話を聞いたら
「それはまた看護師さんが来たら聞いてみてください」と言われてしまいました。
でも、見た目は白衣を着ていて看護師さんと見分けは付きません。一般の人には分かりづらいですよね。

担当医と言っても実際は若い先生が見ていて名前だけ担当していたりする医者。
カルテくらいしっかり見てくれと言たい。


あ~~~、何か例によって何を言いたいのか分からんようになってもた。


今、父は何とか元気を取り戻して大部屋に移りました。
少しぼけが入ってきてしまったかも知れません。
年齢を考えるとしょうがないかも知れないのでけど・・・。

父の病気は治ることは無いようです。
それならばせめて痛い思いや辛い思いをしないで欲しいと心から思います。

実は田舎に帰るとき、私は喪服を用意していきました。(何て奴!って怒んないでください。やっぱり新幹線で1時間ちょっとでも大変です、実際。)
で、実は今、田舎の家めちゃくちゃ綺麗になってます。
お葬式を出さなきゃいけないかもって、掃除するわ、何年も張り替えていない障子を張り替えるわで・・・ははは。


でも、ははは・・・って言えてよかった~。

「医は仁術」じゃないね。その1(おばさんは怒ってる7)

前に書きましたが、今父が病気と戦ってます。


病名はよく分かりませんが副腎の傍に癌が出来ているとの事。

「副腎癌」で調べましたが結構少ないらしく、術後の生存確率もすごく低いものでした。


そのためなのかどうか分かりませんが、最初に病気が分かった時医者が

「何かあっても蘇生処置はしません」

と言ったそうなのです。

「・・・しますか?」と聞くのではなく「しません!」と。

兄から聞いたとき「何それ?」と聞き返してしまいました。



4月の末頃からずっと熱が下がらなかった父を病院に連れて行っても
何も調べず「よく分からない」
で、とりあえず点滴。で熱が下がったら「帰ってください」

そのあとまた熱が出て今度は調べたのですがその結果が上の台詞。

でとりあえず熱が下がると3日間くらいでまた返されてしまいました。
(昼はベットに寝せておくだけで夜になると「連れて帰ってください」と言うので意味が無いので帰ってきたというのが実情ではありますが・・・)


その後GWに行った時も熱が出ていて、昔からの持病で、膝に水がたまってしまうのですが、そこが凄く熱を持っていて物凄く痛がって動かせないので、殆ど寝たきりのような状態になってしまっていました。

GW明けでまた病院へ。
例のごとく「分かりません」
「膝のせいではないのですか?」
「それはありません」
と言ったのに看護婦さんに頼んで外科の先生に膝の水を抜いてもらったら、熱は下がり、自宅に帰っても自分でベットから起きて外を見ていられるくらいに回復したのです。

が、その後今度は吐いてしまって何も食べられない状態に(でも、これは多分親戚がお見舞いに来て風邪をうつしていったのでは・・・と言う疑惑が)

で、またまた病院へ。
でも何も処置もせずその時の医者の台詞が
「水が飲めれば大丈夫です」
で、ご飯なんか何も食べられない人に点滴もせず、そのまま帰させたのです(この日は土曜日だったせいかも知れませんが・・・)

で、月曜日。
どうしようもなくてまた病院へ。
今度の先生は「すぐ入院してください」
で入院はしたのですが・・・。

あとで聞いたら最初の2日間くらいの時、夜中にうろついたらしく車椅子に座らされてナースステーションにおいて置かれたとか。多分トイレに行きたくて部屋を出たのだとは思うのですが、話を聞いたときは「む・む・む・・・・」

で、どういうわけかそのあと肺炎になりまして、妹達がいた時は元気だったのにそのあと1時間くらいで急変。途中まで帰った妹もUターン。私も夕飯も撮らずに実家に行くことになりました。

長くなるので、一旦切ります。

4年目に突入じゃ~!

昨日でブログ開設丸3年になりました。


いや~人間やれば出来るもんですね~。


総記事数361.これで362です。



いつも来てくださる皆さん、ありがとうです o(_ _)oペコッ
これからもよろしゅうに (よろしゅう煮ってどんな食べ物なんだろう)


初めて来てくださったかた。

良かったらまたきてください。

へたくそなライブレポート、へたくそな写真、へたくそな俳句もどきでお迎えいたします。

何か感じることがあったらコメントも宜しく。


という事でおかにょ4年目のご挨拶でした。ちゃん、ちゃん♪






まったく・・・ぶつぶつぶつ・・・。

ちょいとお目目を拝借。

おかにょからのお知らせを見てみてください。
   ・
   ・
   ・

はい、見ましたね。

そうなんです。

コメントはそのまま載るようにしていたのですが、最近、あまりに酷いコメントが来るようになってしまったため、承認性にしました。

内容も酷いし(主に下ネタ系)、おまけにそういうのなのに、しっかり名前やアドレスが入っているんです。

勿論NIFTYに報告して削除していますが、まったく腹が立ちます。

何が楽しくてああいう内容のブログを書いたり送ってきたりするんでしょうね?

アドレスを載せても他の人にはみえないんですよ。
なのにあえて書いてくるってことは、ブログを書いた人がそこにアクセスして来ると思っているんでしょうかね~?馬鹿にするのも程があるってもんです。


暇な輩が多すぎていらいらしてしまうおかにょであります。

ビッツ

先日、父の様態が急に悪くなり、田舎へ帰ってきました。

病院では色々不快な思いをしました。(後日ガッツリ!?書く予定ですが・・・今日は置いときます)

で、病室の外で義姉と話していたときに懐かしい言葉を聴きまして・・・

♪それは何かと訪ねたら・・・あ~べんべん!(って知ってる?)

「ビッツ」

知ってます? ビッツ。

これですよん。
P6081170

そうです。
さやえんどう、絹さやです。

これを田舎の方では「ビッツ」と言います。(発音はビupッツupです)

義姉の言葉を聴いて急にひらめきました。


そうか・・・!ビッツって英語なんだ~って。
多分「ビーンズ」からきているんじゃないかなぁ、って。


いったい誰が最初に言ったのかなぁ。

世間では「絹さや」とか「「えんどう豆」って言っているン野が普通だけど家の方では相変わらずビッツ。
面白いなぁ・・・としみじみ思ったおかにょであります。




因みに写真は、母が育てたえんどう豆。
台所にあったのを、一緒においてあったしいたけ共々しっかりと頂いて
(無断で・・・はは)来ました。
しっかりと夕食で美味しく頂きました。はい。


おかにょは子供の頃、お味噌汁の時などにおわんの底に残ったぷくぷくに太った豆を食べるのが大好きでした。
さやの方が好きだという人も多いみたいですけど、皆さんはどちらが好きですか?


丸1年!

ちゃみが我が家に来て、丸1年が経ちました。


1年前はこんな感じでしたが

Photo


今はこんなに大きくなりました。

P6051146

ねずみの大きさと比べると一目瞭然ですね~。

いや~大きくなったもんだ。

よくみると目の色とか鼻の色とか微妙に違ってるでしょう!?

ペットを飼うのはちゃみが初めてだったけど、こんなに小さな子にこんなに癒されるなんて、飼うまでは思いもしなかったなぁ。

これからも一緒に元気に楽しくすごそうね、ちゃみ!

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

永井龍雲さんを応援しちゃおう

最近のトラックバック

無料ブログはココログ