おかにょからのお知らせ

  • ☆申し訳ありませんが、コメント、トラックバックは承認性にさせていただきます。(内容が記事にそぐわないものや、不快感を与えるようなものは削除させていただきます。)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

女は女

先日、おかにょの務める店先でのこと。

3歳くらいの女の子がショッピングカーに座っていました。
その前にはおじいさんと思われる人。

女の子、下から見上げるような感じで

「ねぇ~じぃ~じ~」

「ねぇ、じぃ~じ~、お願い!」

黙っているおじいさん・・・

すると女の子、がばっ!とおじいさんの首に抱き着き

「ねぇ、じぃ~じぃ~。お願い!」
「じぃ~じぃ~お願い!」


それでも「うん」と言わないおじいさん。



すると女の子、今度は

「お願い!!ってば、お願い!」
と怒りだしました。

それでも黙っているおじいさん。



すると急に女の子、
「ママ~~~!」
とおじいさんを見限ってママに甘えた声を出してました。




あのお願いの仕方…甘え方…怒り方…見限り方・・・

あんなに小さいのに、女の武器?を
目いっぱい使っていた女の子・・・。

その変わり身の早さに目が点のおかにょでした。



あんなに小さいのに女は女なんだと改めて思ったのでした。

おかにょにはできないことですけどね~。
(できてたらまた違う人生があったやも・・・?)
・・・でも、こういうのやる子って意外とかわいくない子だったりして・・・おっとっと。

なに?だったらなおさらやらなきゃいけなかったんじゃないかと思ったあなた・・・




正解です。

永井龍雲ライブ♪歌花火2011~秋の章~

行ってまいりました。
歌花火~秋の章~

伝承ホールは客席の両端が畳の座敷席と言うちょっと変わった作りのこじんまりとしたホール。
雰囲気はいいですが、席の並びが前のほうがフラットで、真ん中に通路がないのが難点。
(おトイレが近いお年寄りには特に…おかにょは別に大丈夫さ…とか言ってみる)


えんじ色のシャツにジーンズの龍雲さん。
今回は最初からピアノの宮原さんとツルさんが一緒です。

さぁ~1曲目!と思ったらハプニング。
ツルさんのバイオリンがハウってしまい「あちゃ~」

気を取り直して
♪血の河
♪人の四季
♪星月夜
♪愛し愛されて

龍んさんは結婚式に行くと♪愛し~や♪幸せの誕生日♪をよく歌うそうで、この歌を歌った人はまだ一人も別れていない…という話になり、今回のお手伝い宮原さんもバツイチなことをはなし、ツルさんに話を振り、実はツルさんもバツイチだと判明・・・

「今日はイチバツトリオでお送りいたします」

♪秋麗
♪心の雨

秋にまた五木ひろしさんやほかの方(聞き取れませんでした・・)に提供した曲が発売されるそうです。
それと来年またこの会館の大ホールでのコンサートが決まっているそうです。

♪退廃のワルツ
ここでツルさん退場
♪夏の蝶
…ピアノの音色がこの歌のしっとり感をすごく高めてくれます。
宮原さん退場。
ここからの4曲は一人。

『皆さんは聴きたい曲もたくさんあるんでしょうが今日はリクエストは受け付けません。
昔の歌もいいですが、そればかりでは歌うほうはつまらない。今の自分の心境を歌った新
を聞いてください』と言って

♪幕末三勇士の歌
♪先人たちの遺産
♪おわら心中風の盆
♪迷い蝉←(全く初めて聞く歌でした。いつになったら本当に故郷へ帰れるのか・・・熱唱で心にジンと来ます)

先日、龍雲さんの初期のプロデューサーであり、龍雲さんをデビューさせてくださった方がお亡くなりになりました。
その方が龍雲さんをデビューさせるときに
『みんなは龍雲をデビューさせるのはまだ早いというけれども、デビューしてから成長すればいいじゃないか』とおっしゃってデビューさせてくださったそうです。
その方がいなければ現在の龍雲さんはいないし、またその言葉通り龍雲さんはしっかりと成長して今も続けています。その方への思いをこめて歌われたのでしょうね・・・

♪想い
♪お遍路
♪哀咽
♪ルリカケス

最後にまたサポートメンバーの名前を紹介しようとして・・・・あれれ・・・
龍雲さん度忘れして名前が出てきません
「自分でやってください」
ピアノの宮原恵太さん、自分でマイクを回して自己紹介。
ツルさん「僕もですか?」と、自己紹介。
最後に龍雲さんが
「そして永井龍雲のイチバツトリオでお送りしました」

♪道標ない旅

~~~アンコール~~~

ここで恒例の
♪歌花火
…好例だけど真夏にやる時よりはテンションが上がらないんです・・と言いましたが会場は結構のりのり・・・。いつもより盛り上がってました。恥ずかしそうに一緒にふりをしている年配の男の方が妙にかわいかったです。


♪カトレア
♪暖簾

今回はいや~~~良かったです。
歌詞もほとんど(若干はお約束!?)間違えませんでしたし、声もよく伸びていました。

いつものことだけど、歌が進んでいくほどにいい男になって行きましたよん。

実は朝NHKの「アサイチ」に嵐の櫻井翔君が出ていたのですが、何故か時々龍雲さんの顔が櫻井君に似ているように感じてしまって・・・。(こんなこと言ったら全国の櫻井君のファンに殺されるかも・・・でも、なんでしょうね~。かぶったんですよ)

前回の歌花火がなんだったので…よかったです。


ただ少し…言わせてもらうと・・・

今回従姉妹を連れていきました。
フォークは好きだという従姉妹でしたが龍雲さんのことは全くしらず、(道標…さえ知らなかった!)0の状態で来てもらったのですが、ライブには満足して貰えました。
でも後で話を聞いてみると『サービス精神が少し足りないかな、と思った』そうです。
結構有名どころのコンサートに行っている従姉妹は、『ほかの人(特にアルフィーなど)は最初にもっとみんなが乗れるようにしている』とのこと。
他の人と龍雲さんが違うのはもちろんなので、同じにしなさいという気は全くありませんが、そういえば最近ライブが始まる時に『永井龍雲です』とちゃんと言わずに始まることが多いなぁ…と思いました。小さなライブ会場ではいいかもしれませんが少し会場が大きくなると、いつもは来ないお客様や初めてのお客様が来たりしますね。やっぱりきちんと名前を名乗ってから入ってもらいたいなぁ…と。

とは言え、今回は本当にいいライブでした。

当分東京近郊でのライブはなくてさびし~!
いい子で待っているからまた素敵な時間をお願いしますね龍雲さん!

魅力的な女

昨日突然、隣のショップの子が

「おかにょさん、女の魅力的って、どうしたら出せるんですか?」

と聞いてきた。


おもわず、

「はぁ~?」

魅力の出し方?それをおかにょに聴くんかい!?


彼女は20代中盤~後半。旦那あり、子ども無。
小柄でシャープな美人さんです。

どうやら彼女の旦那さんが
『もっと女っぽくなれ』というようなことを言ったようで・・・。


今は暑いので、家に帰るとTシャツにハーフパンツといった格好でいるらしいいのだけど、
それだと少年にしか見えないらしい。


その質問をする前に、コロンを紙につけたものを出して、どっちがいい匂いか・・・と、聞いてきたのだけど、どうやらコロンをつけて見ようか…という考えだったらしい。
でも、女を感じさせる匂いってどんなのよ?

しかし、上は下着をつけないでTシャツ。
普通ならば、ちらちと見える胸に…とかなるはずなのだけど、彼女曰く
『まったく平ら』だそうで・・・。



む・む・む・・・むずかしい。

髪を掻き揚げるうなじ・・・とかも色っぽいとは思うのだけど、暑くて長い髪になんかしていられないと・・・



ここを覗きに来てくださる男性様(ってどのくらいいるのかなぁ?)
もしくは人生経験豊かなお姉さま方。

旦那さんといい関係を続けたい(と思っているのかは分からないけど)
かわいい彼女のためにいいお知恵をお願いします。m(_ _)m

で、いい案があったらおかにょも参考にしちゃおう!うひっひ!
(やめろ~~~と言う声が聞こえるような気がするけど・・・!?)

残暑お見舞い申し上げます

いや~!
毎日暑いですね~。



・・・・・・・・


と、書こうと思っていながら、パソコンのある部屋に冷房がないため、うだうだしていたら
なんと!

なんですかあ~!?
この陽気!

涼しいを通り越してる・・・。

2,3日前まで木の上で夜でもめちゃくちゃセミが鳴いていたのに、今日はもう大マツムシが鳴いているじゃありませんか!ほんと自然界の生物ってば正直と言おうか現金と言おうか・・・

書こうと思っていたネタも古くなったしまいましたが…せっかく写真も撮ってきたので・・・




先日、お盆なので田舎に帰ってきました。
(その頃東京は死ぬほど暑かった)めっちゃ涼しく田舎に帰ってきてよかった…としみじみ思ったおかにょでした。


梨の木の下にはつゆ草が涼しそうに咲き

P8153558

鳥小屋の網にはかわいい風船蔓がゆらゆらと・・・

P8153567

ブドウの蔓に収穫をまつ小さな青いブドウがたわわに・・・P8153569_2

家の玄関には兄貴が孵化した烏骨鶏のヒナ
P8153571

でこっちは兄貴が育てたクワガタ

P8153584

(2万円で買うっていう話だったのに、結局1万円だったと兄貴はぶーたれていましたが)



夕立が来る前にすべての景色がオレンジ色と言うかセピア色というか・・そんな色一色に染まってしまう田舎の夏・・・色々変わっていく田舎の景色もそんなところは変わっていなくて懐かしく嬉しく思いました。


ですが、母は高齢・・兄は嫁さんなし・・

これからを思うと何度田舎に帰れるのかなぁ…と思いつつ、帰れるときはできるだけ帰ろうと、新たに思ったおかにょでした。

睫毛

右目の睫毛が一本だけ

「にょい~~~~ん」

と伸びている。

おかにょにしたら画期的な長さである。

子供の頃から全ての睫毛がこんな長さだったらもしかしておかにょの人生も変わっていたのではないか・・・などと思ったり・・・・この長さならきっとマッチ棒が乗る・・・(って今はマッチ棒を探すほうが大変かも)


が・・・である。

実はこれ2本目。

前にも同じところに生えていたのですよ。

先日久々に従姉妹のところに泊まりに行った時にも生えていて

「見てみて、ここ。1本だけ長いでしょ!」

とうきうきしながら従姉妹に言ったところ

「言ってもいい?

それって老化現象だよ」


がび~~~~ん!

そういえばヤギとか年を取った奴って眉毛がびよ~~~んと長かったりしてるよなぁ。
そういえばおじいさんもそういう人いるな~って思ってガッカリ。


でもね・・・。

老化現象でもいいから、全部の睫毛がこの1本の睫毛くらい伸びたらなぁ~って、思ってしまうおかにょはまだ夢見る乙女!?
(何処からか「おいおい・・・」と言う声が聞こえる気がするけど気にしないでおこう・・・)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

永井龍雲さんを応援しちゃおう

最近のトラックバック

無料ブログはココログ