« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

永井龍雲チャペルコンサート『冬歌灯り』Iin キリスト品川教会 グローリア・チャペル

晴天の品川。

初めての会場なのでちょっと早めに行って、会場チェック。

Rimg1404


夜までおしゃべりで時間をつぶし(途中会社から入る電話にいらいらしつつ・・・)
時間になったので会場へ。

少し会場が遅れたので、入場者の列ができて、なんとなく「おお・・・!」って感じ!?

結構広くきれいなチャペルでした。

ステージは説教台?

普通の舞台の様に高くなっていて、奥行きもあり、真ん中の高いところには十字架。
その周りにはクリスマスっぽく木がおいてあってなかなかいい雰囲気。
ステージの左にピアノ。真ん中にギター。

濃紺のジャケットに黒いシャツの龍雲さん登場。

コホンと一つ咳払いをし、アカペラで

♪喜びの歌

♪祈り

椅子に座りギターを弾いて

♪Happy new year sonng

・・・まだ、嫁さんがいた頃、よくこの近くを通った。
百恵ちゃんがこの辺に住んでいるんですよね。。
『百恵ちゃ~ン!』←(龍雲さん百恵さんは国立に住んでいますよ、確か・・・情報が古いです…もしかして古い情報なのはおかにょですか?)

今、全日空の機内で「道標ない旅」が使われているとか・・・

月日の経つのが早くて・・・ライブはいつだい?えつ!今日かい!
(絶対に言うと思ったおやじギャグかましてくれました…苦笑^^)

今年の年末は早々にお断りしました。でも来年オファーがあれば出てもいいです・・・

とひとしきり会場を笑わせました。

♪愛し川

♪問わず語り

ここで、今日のスペシャルサンクスの藤原いくろうさんが登場です。

長めの髪は真っ白。
スリムでめっちゃ、素敵ですheart04

♪voice

ギターをおいて
♪ワイルドを読んで

♪職業詩人

・・・「気持ちいいっすね~」

歌だけに集中できるので気持ちが良かったそうです。

・・「皆さんどうですか?」

はい!それはもう!
歌だけに集中して聞けましたから(笑)



ここで、もう一人秘密の?ゲスト。

大沢まさおさん登場です(ごめんなさい、名前の感じが分かりません、あとで調べます・・・)
大沢さんは東京フィルハーモニーの首席奏者だそうです。

♪想い

歌の間奏で入る牧歌的で優しい音色・・・
龍雲さん、「どう、いいでしょう」と言いたそうな顔していました。

♪僕の隣で

皆、年が近くて(大沢さんは同じ年、藤原さんは1歳下)
・・・いい感じですよね~。
中年トリオで・・・

でもお二方とも奥さんがいるとかで・・ちょっぴりすねる龍雲さん。奥様は二人ともやっぱり演奏者だそうで

・・・『僕も今度は弾ける人を…』

「は~い!龍雲さん!私、お布団ならひけます!」

と心の中で叫んだおかにょです^^

・・・『今日は皆さんにクリスマスプレゼントです』

♪メリークリスマス

(アレンジも考えてもらったそうです)

♪流れよ

・・・3.11の災害の一日も早い復興を…この国の行方を問いかけ続けて・・・と、

♪先人達の遺産

(ブルーのライトに浮かぶ十字架…・いつもより心に沁みるのは教会と言う場所柄でしょうか)



☆大沢さんが退場


♪ルリカケス

♪冬の夜明け

☆藤原さん退場

・・・最近僕にとってアイドルだった文太さん、健さんも亡くなり、友人、長く応援してくれたファンの方も亡くなりました。

大切な方を亡くしてしまった人の為に、ご冥福を祈りながら

♪飛鳥

・・・・東京では来年また桜ホール、夏には木馬亭でやります。
そしてこの季節にまたこういった場所でできたらいいなと思います。

♪暖簾

~~~アンコール~~~

☆藤原さん、大沢さんも戻って

・・・「一緒に歌ってください」

♪渡り者←(いや~、これ無理でしょ…と思ったのはおかにょだけじゃないはず)

♪道標ない旅

藤原さんだけ残って

♪祈り

・・・・1番だけしかないこの歌。今回2番と3番を作って歌ってくれました。

夢のない世界で生きていかなければならない大人たちへの龍雲さんの祈りの応援歌です。
☆・・藤原さんがピアノを弾き続けているなか、龍雲さん退場。







・・・・・いいコンサートでした。

今回行けた人・・・良い時間を過ごせましたね。
行けなかった人・・・残念でした。
行かなかった人…損しましたね・・・・

と、云った感じです。

一年の締めくくりに本当にいい時間を過ごすことが出来ました。
次の日仕事があったので、サインはもらわずに帰ろうと思っていたのですが、一言お礼を言いたくてサイン待ちの行列に加わってしまいました。

・・・思えば今年、さくらホールも、木馬亭もみんないいライブでした。
でも、今回いつもとは違う楽器をいれ、普段聞けない曲を聴くことが出来、一味違うホッコリとした心持になれました。

龍雲さんの声もすごくのびやかで、音も良かったです。

来年もここでやってもらえるといいなぁ。

壁に会ったパイプオルガンとか使ってもらって・・・

でも、それには龍雲さんに元気でいて貰わなければ・・・。
そして私たちファンも元気でなければ・・・!

・・・と、強く思った今年最後のライブでした。

らんぷツアー~奄美大島へ道標ある旅~おまけ

早いもので奄美の旅から帰って来てもう、10日も過ぎてしまいました。

今年もあと20日しかないじゃありませんか!

子供の時と比べての時の速さ、3倍速じゃ足りないような気がします。

さて、さて、今回の奄美でのルポ、長くなるので省いちゃったけどちょっと見せたいなぁ…っていうのがあるので、おまけのUPです。

ちょいとお付き合いを・・・。

2日目に、高知山の展望台に行きましたが、森?林?の小道を登って行きました。

木々のしたにはツワブキが黄色の綺麗な花を咲かせ、そしてこんな花も

Photo


蘭っぽい花ですけど、名前が分かりません。

で、面白かったのがこの木の幹

Photo_2


奄美にいっぱい生えてる、何だっけ?名前忘れちゃった・・・。

シダのおっきいようなやつで、巨大ぜんまいみたいなのを食べられる…ってやつ。
(あ~~~、全然浮かばん名前!覚えている人いたら教えてたも!)

葉っぱが落ちた後の幹だけど何か可愛いよね。

それから、面白い偶然が・・・

帰りの飛行機に乗り込むとき、小学生の団体がいて、正直

(あ~~、ウザいかも)

って思っちゃいました。

ところがタラップの所で、手を振る小学生が見上げていたのは横断幕。

見ると「みなかみ」の文字が・・・

思わず聞いちゃいました。

「群馬のみなかみ?」

「はい」

「私もみなかみ出身だよ」

と、一人で盛り上がってしまいました。

思えば教員をしている友人もいたからあの中に教え子もいたりしたかも・・・と

後でニヤニヤしてしまったおかにょでした。


・・・

と、云うことで、おかにょの奄美ルポ、これでオーラスです。

今年龍雲さんに会えるのはあと、品川のチャペルコンサートのみ。

そちらもつたないですがルポしますのでよかったらまた覗きに来てくださいね。

で、「いいね!」「きたよ」の足跡代わりに一言

「にゃぽっ!」

よろしくです(笑)

らんぷツアー~奄美大島へ道標ある旅~3日目

最終日です。

朝からの雨はもっといたいというファンの方々の涙雨?

ではないでしょうが、傘をさすほどではありませんが少し雨が降っていました。

3日目の観光は大島紬村から。

バスを降りたときほんのすこ~し雨がぱらついていましたが、見学の為建物の中に入った途端すごい雨音!
でも説明を終えてでるころにはすっかり止んでいました。自称晴れ男、龍雲さんのおかげでしょうか?

高い着物など普段触れる機会が全くないボンビーおかにょですから、あんなに大島紬が薄くて軽いとは思いませんでした。(イメージとして厚ぼったい感じがしませんか?)

製作工程も染めだけで80回くらい(だったよね?)とてつもなく手をかけていて、緻密で、もう見ていて、

『絶対無理!』

と言いだす人続出。高いのもうなづけます。

と、いいつつも買い物は別。

反物を買う人はさすがにいなかったと思いますが、小物等、きのう「れんと」であんなに買い物をしていたのにまたまたガッツリ買い物していましたね。(笑)

Photo

紬村の見学路は林の中の様になっていて、ルリカケスも結構見られるというので探しましたが、残念ながらおかにょは遭遇できず…でもばっちり見ることが出来た人もいたようです。う~~~ん、見たかったなぁ。




紬村の後は奄美パークへ。

奄美の紹介をしているスペースと、田中一村と言う奄美の有名な画家の美術館。

さらっと見て(ガッツリと見た方もいたとは思いますが)昼食の為、少し戻って
「ばしゃ山村」へ。
Photo_7







そして奄美のご飯といえば・・・これ、鶏飯ですよね。

Photo_2


ご飯は少な目、スープは多めがいいそうで、おかにょ、3杯いただきました!
鳥の出しのスープがおいしかったです!

そして、ここに来てやっと出会えました。

「キラキラの海」

Photo_3


真っ青な空と真っ青な海には会えませんでしたが、最後の日に綺麗なキラキラを見る事が出来てうれしかった~。綺麗な海を見るのに夢中で、龍雲さんが入ってきたのも一瞬気が付きませんでした。ははは・・・。

3日目は龍雲さんとのふれあい時間?はここだけ。

殆ど接することが出来なくて残念。

空港に向かうバスに乗り込む前に一人ひとりと握手!3


名残おしみつつ、バスへ・・・。

でもみんな中々入ってこない・・・

そ~ですよね~。
で、おかにょも戻って社長さんと2ショット。

7年前と比べると・・・

ああ・・・

時間って本当に残酷!






最後に今回のスタッフ一同でハイチーズ!
Photo_5

3日間、誰も具合が悪い人も出ず、団体行動を乱す人もいず、気持ちよく楽しい旅が出ました。

一人で参加して、たくさんのお友達を作った方もいたようです。

はっきり言えば大満足...ではありません。
(龍雲さんとの時間…ちょっと少な目でしたしね・・・)

でも、こういう企画でもなければ絶対と言っていいくらい奄美に来る機会はなかったろうし・・・地元の方々はめちゃくそ暖かかったし…参加してよかったです。

また、こういう企画があったら、『高い!』と言いながら参加してるおかにょがいるんでしょうね(笑)

今回の旅先でも「おかにょさんですか?」と聞かれることがありました。

「ブログ見てます」と言う嬉しい言葉もいただきました。

見て下さったら是非、コメントを…と思いますが…それも結構難しいみたいですので・・・

コメント代わりに、おかにょが「ちゃみ」にする挨拶、これをお願いします。

「にゃっぽ!」cat




ということで、長々お付き合いありがとうございました。   

ではまた

にゃっぽ!



 

らんぷツアー~奄美大島へ道標ある旅~2日目③

二日目の2つ目の目玉、らんぷ大宴会!?は徒歩で移動してライブハウスASIVIで。

夕食の時に引いた籤引きの順番での入場で、着席で龍雲さんを待ちます。

ほどなく龍雲さん登場。

♪想い

♪VOICE

♪道標ない旅

・・・・マネージャーの根岸さんが今回のツアーの名前を「道標ある旅」と言ってきたとき、

「いいんじゃない」と安易に言ってしまったが・・と。

道標は今回も全員合唱。皆さん大きい声で楽しそうに歌ってましたね~。


・・・今回は全部リクエストにしようと思ったけど不公平になるからしません。

でも1曲だけ・・・、歌詞を1番しか作らなかった歌なんですがと言い・・・

♪風の言伝

ハゲェ~!(奄美の言葉でびっくりした時に使う言葉だそうで…でもこれ、絶対に龍雲さんの前で使えないわ(笑))

誰ですか?リクエストしてくれた方?

おかにょじゃありませんよ~。

このブログタイトルを勝手に使わせてもらってから、自分じゃ絶対にリクエストできませんもん。
久々に聞けて嬉しかった!
アリガッサマリョータ!(ありがとうございました!)

途中歌詞の二人の明日…と云うところを僕らに替えてましたね~。

♪友と語れば

♪島の女

♪金崙花

♪暖簾
…今年『紅白は辞退しました』そうです^^;

♪ルリカケス

歌碑の前では詰まってしまったこの歌。今度はしっかり。
でも久慈の入江、名瀬の町、…今まで歌の中でしか知らなかった町を実際に目で見ると、今まで以上に心に響いて来て…またもやうるうる・・・。

・・・と、ライブは此処まで。

ありゃ~、ちょいと短いんじゃない?

と思っていたら今度は地元の龍雲さんのお知り合いによる

「ルリカケス世界一決定戦」なる歌合戦?

6人の方が一番づつルリカケスを歌って誰が一番うまいか…と決めるという趣向。

最初どんびきしましたよ。

え~~~、知らない人の歌を延々聞かされるのか…と思って。

ところがぎっちょん!

司会をやった方をはじめ、奄美の人ってみんなこうなの?って思うほど皆さん芸達者!

特に龍雲さんの親戚?従兄弟?の方のでたらめな外国語。

もう、おかしくて会場中大爆笑!

歌合戦の方も六人六様、実に様々なルリカケスを聴けました。
「れんと」の社長さんも参加してましたよ。(お目目くりくりの可愛い感じの社長さんでした
。)
優勝はその親戚?の方
Rimg1376    Rimg1377

そのあとは演奏を手伝ってくれたバンドの方の演奏で『ハナハナ』(と言う曲名だったかな?)みんなで手を振って♪ハナハナハナと大合唱。

そして、龍雲さんが前日見て気に入って急遽来てもらったという、「イカリングなんちゃらさん」(…忘れた…)のう~~~んな芸。
下着に相撲のまわしに見立てたロープのようなものを巻いてあるといういでたちには、さすがに女性はどんびきです。
でもちゃんと、「よいしょ~」と、声を出してあげてました。みんな優しいね~。


そのあとは恒例ビンゴ!
でもいつも通り賞品めちゃ少ない!
当然当たらず…ちょいと悲しい・・・。

そして今度はサングラスをかけて現れた龍雲さん。
ギターを激しく引いて新曲?

多分即興じゃないかと思う歌詞で♪俺のブルース!と、熱唱!?

ライトに浮かび上がる飛び散る唾!(あはは)

そして再び
♪ルリカケス

全員で手を繋ぎ大合唱!
(お~~!アリスのハンドインハンドみたいじゃ~~~。)

もうボロボロに泣く人数名。




最後にお土産に昼間「れんと」の工場でで撮った、2ショット写真のラベルが貼ってある「れんと」をいただいて、感動の内に二日目の夜は終わったのでした。









らんぷツアー~奄美大島へ道標ある旅~2日目②

バスに乗っている間ずっと窓際に座っていたおかにょ。

外の景色も堪能していたので、自分ばっかり悪いと思い友人に「席変わろうか?」

座席を代わり、出発直前に龍雲さんがバスに乗り込んで来て、なんと!おかにょの隣の補助いすに座りました。

変わってもらった途端なので、

友人に悪いやら
嬉しいやら
さっきの踊りで汗いっぱいかいたので
臭いんじゃないかと心配やら…
で、落ち着きませんでした。

龍雲さんが乗り込んだ理由はガイドの榊さん。

実は榊さんは龍雲さんが「サガリバナ」と言う曲を提供した歌手だったのでした。

で、その歌をみんなに聴いてもらうため?でした。

Rimg1370


いや~、やっぱりうまいです。

ガイドさんなのにそれまで歌わなかったのはこの為だったんですね~。

其の後バスは「れんと」の工場へ。

玄関では大勢の従業員の方がお迎えをしてくださいました。

此処でも1枚、2ショット写真の撮影。

先に見学をする組と写真の組とに分かれて行動。

見学ではお酒の匂いでくらくら・・・。

たっぷり入った黒糖のケースや、大きな蒸溜のタンク?
残念ながらお休みの日だったのか瓶詰とかは見れませんでしたが
丁寧に説明していただきました。、

が、みんな半分も聴いていなかったでしょう!


・・・・でも、買い物タイムではすごかったですね~。

皆そんなにお酒飲んじゃうの~?
バンバン買って送ってましたね~。

いつも龍雲さんを応援してくれている「れんと」さんに十分貢献したのではないでしょうか^^

「れんと」の皆さんにお見送りされてバスは二日目の宿泊地名瀬へ。

龍雲さんと榊さんは今度は2台目のバスへ。

代わりに来てくださったガイドさん(ごめんなさい、名前忘れちゃった)普段は運転手さんをしているそう。すごいです!
で、ビールとお酒の替え歌を『松の木小唄』の替え歌で歌ってくれたのですが、それを聴いたおかにょ、一瞬で龍雲さんの替え歌できちゃいました。

♪好き好き好きよみんな好き

龍雲さんのすることみんな好き

好きでないのはただ一つ

陰でこっそりする野〇そ~

そうなんです。龍雲さん、相模原に続いて今回のツアーでも野ぐ〇ネタ・・・
う~~~むです。

そしてバスはホテルへ。

今度はみんな同じホテルです。
れんとでのお買い物タイムがかかってしまったので急いでチェックイン。

そして歩いて移動して「鯨石庵」でお食事。

そのあとはいよいよライブです。

・・・が、長くなっちゃったので③に続く。

らんぷツアー~奄美大島へ道標ある旅~2日目①

尊尊我無(トートーガナシー)

尊尊我無

尊尊我無

ど~かティダに会えますように・・・・

というみんなの願いがかなって、太陽には会えませんでしたが『絶対に雨だ!』

と現地の人が言っていたにも関わらず、雨は降りませんでした。

2日目は今回のツアーの目玉『ルリカケスの歌碑』を見に行くのですから、絶対に降って欲しくなかったのですよ。

前日、日没で行けなかったホノホシ海岸はあきらめ、まず、高知山展望台へ。

狭い道をグルグル・・・

駐車場から徒歩で少し登ります。

ルリカケスはいるかな?いるかな?と林の中をきょろきょろしていましたが

突然「ギャ~ギャ~」と大きな声。

ん!、この声は!と見ると木の枝に一羽の鳥。

「なんだ、鴉だよ・・・」

と言った途端、鳥が飛び立ち、目の中に茶色の色が入ってきました・・・

うん?もしかして・・・?

後でガイドさんに聞いたら、あの鳴き声はルリカケスでしょうと。

やった~~~!

ルリカケスに会えた!

・・・・と言うことします。はい。

興奮しなかがら、展望台へ。

ちっさ!でも4?5?階分くらいを登ると・・・・
Photo_3

Photo_4


目の前にきのう泊まった古仁屋の町が…

海の向こうは加計呂麻島。

時々薄日が差してすごく気持ちがいい。

本当は昨日の夕方立ち寄ろうか…との話もあったのですが、朝で正解でした。


そのあとは一路久慈へ。

リアス式の海は道も狭くグルグル。山の中を通ったり海のそばを通ったり・・・

やっと近づいてきた久慈。

本当に穏やかでほとんど波が無く湖のようです。

そして歌碑のある公民館のそばまで来ると・・・

Rimg1360


大きなだんまくと幟、そして太鼓をたたきながら

手を振ってくれる地区の人々・・・・

ビックリと感動で思わずうるうる・・・

(ごめんなさい、あとで写真を撮ったので・・・、写っちゃった方々…不都合でしたらすぐ消しますのでコメント欄に書いてください・・・)

そしてテントの下には

Photo_5


手づくりのおやつと、お漬物・・・。
(めっちゃおいしかった~)

一旦着席して、区長さんのお話・・・(いや、これがなかなか…永井、いや長い・・・。その後も事あるごとにマイクで話す区長さん・・・いやありがたいんですけど…ちょいうるさい(笑))

そして歌碑へ。
Photo_6


2


     裏      



そして、歌碑の前で
ルリカケスを歌う龍雲さん

Photo_7
一番を歌い二番の歌詞に入った途端、声を詰まらせ目をつむってしまった龍雲さん。

龍雲さんの代わりに観ていたファンが歌っていました。あちこちから聞こえるすすり泣きの声についついもらい泣き・・・

三番の途中からまた歌いましたが、歌い終わったあと、『やはり込み上げてきてしまう』と・・・。

そしてお食事タイム。

久慈の方々が作ってくれた手作りのお昼です。
その中にお刺身があったのですが、地元の人でもめったに食べられない
「何とかと言うカツオ」←(名前聞き取れませんでした。)
見た目ははまち・・味は?なんだろう?でもおいしかったです♪
煮物にトン汁、デザートまで・・・。

本当にありがとうございました。

そのあとは歌碑の前で龍雲さんとの2ショット写真撮影。
おかにょはお母さんのお手伝いに来ていた「ともかちゃん」と3ショット。

『親子のようでしょ』と言うおかにょに友人のむごい一言

『孫でしょ!』・・・そうだけどさ~。年齢的には・・・でも、少しは夢を持たせてよ~。

しばらくして、『ドン、ドン、ドン』と太鼓の音。
久慈の方たちが踊り始めました。

そしてまたしても踊らされる、ファンの皆々。龍雲さんも踊ります。

Photo_9


奄美の踊りは外側から内側に福をつかむように…と教わり、マネをして踊るのだけど、いや~、難しい・・・。そして長い・・・。運動不足のおばさんは汗かきまくりです。
でも、めちゃくちゃ元気に踊りまくりのハイテンションなファンの方もいて、会場はとってもいい雰囲気!



次の見学地との時間調節もあって、久慈ではかなりのんびりできました。

集合写真何度も撮ったり(この写真下さいなキャピタルさ~~~~ん)

島のおばあちゃんとお話したり・・・龍雲さんの親戚だというおばあちゃんとも話しました。
(よその土地からお嫁に来たみたいで苦労したみたいでした)
Rimg1352





残念ながら、ピカピカのお天気じゃないので
綺麗な色に撮れませんでしたが、ハイビスカスの花、きれいでした。~。



集まって来てくれたおばあちゃんと握手をして、
可愛いともかちゃんとバイバイして、
島みかんをブチッともいでくれたおじさんに手を振って、
ずっと話続ける区長さんのスピーカーからの声に苦笑いしつつ、
道の周りで並んで手を振ってくれる久慈の方々にお別れして、バスはれんとの工場に向かいました。

・・・2日目②に続きます。

らんぷツアー~奄美大島へ道標ある旅~1日目

ウガミンショーラン!

(ウガミンショーランとは奄美の方言であいさつに使う言葉だそうです。

おはようもこんにちわも、こんばんわもこれでいいそう…便利だ!)

龍雲さんのファンクラブ主催の奄美ツアーに行ってきました!



曇り空の東京を飛び立ち雲を抜けると眼下には雪原のような雲の海!

Rimg1304_2もっこもっこ!

♪雲に乗り~た~い

なんて歌が昔ありましたがまさにそんな感じ!

雲の中を飛ぶこと役2時間。

光あふれる奄美・・・

と期待していましたが残念ながら奄美も曇り空・・・

そしてやっぱり暖かい。

と言うより蒸し暑い!
ヒートテックのハイネックがうらめしい・・・。

空港に着くと、バスガイドさんが黒砂糖のお菓子がついたレイを首にかけてくれましたよ。

そして現地集合組と合流して各グループごとに記念写真。

だけど…肝心の人が来ない!

お~~~い!何やってんだ~主役!とがやがやしていると、やってきました落語家!

Rimg1309_2



いえいえ、大島紬を来た龍雲さんです。

本人

「今日高倉健入ってますから・・・」

などと、気取ってみたりしてましたが・・・

(爆!)

う~~~、やっぱりご近所の旦那・・か、落語家です。

おおお~~!そうだ!

言っておかねば!

今回龍雲さんばっちり載せてますが、マネージャーのねぎちゃんから許可取ってますのでご心配なく~good





バスに乗り込み観光・・・と云う予定でしたが、飛行機が遅れたりなんだかんだと出発が遅れまして・・・すぐに日が暮れてしまいまして・・・
途中のトイレ休憩をしただけで一路瀬戸内町の古仁屋のホテルへ向かいました。

奄美は海が目の前に広がったかと思うと、すぐに山に入り木に囲まれた細い道をくねくね走ったり・・・と運転手さん大変だろうな~と言う感じです。

ホテル到着後夕食は『味園』と言う島料理屋さんへ。

入り口には龍雲さんの色紙が貼ってありましたよ。


一人で参加していた方もお食事タイムですっかり打ち解けて、飲むは、しゃべるは、それはそれは賑やかです。

食事後は龍雲さんも参加して交流会。

一人ひとり自己紹介。

恥ずかしがってもじもじ・・・かと思いきや皆さん堂々としたもんです。

ファンになったきっかけや龍雲さんへの熱い!?思いを語ってくれました。

今回の参加者は全部で58名。。

下は40代から上は70代まで。ご夫婦の参加も結構いてちょっとうらやましい・・・?


龍雲さんの「腹の立った話」『悲しかった話』等の後、地元の島唄を聴き、三線に合わせて六調を踊ったりとにぎやかに楽しく過ごして一晩目は散会。


Rimg1317


挨拶をするキャピタルビレッジの社長さん。



Rimg1323

島唄に合わせて踊る?龍雲さん。

Rimg1324


島唄を歌ってくれた、郵便局にお勤めの永井さん。

(歌がめちゃくちゃうまくて、お話は龍雲さんより上手!?

普段観光客に歌っているそうです。)

…というわけで、2日目に続く。

興味があったらまた見てくださいませ。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

永井龍雲さんを応援しちゃおう

最近のトラックバック

無料ブログはココログ