« 給料2倍とボーナス争奪戦 | トップページ | お礼とご挨拶 »

ボーナス争奪戦・・・その後

我が社では毎月1回部会を行います。

例年だと埼玉の別所公園近くにある
浦和の会社所有の部屋で各部署からあつまって
報告やら何やらしていたようですが
今年はコロナの影響でZOOMでの部会です。
おかにょはZOOMは出来ないので浦和まで行っています。

今回の部会は反省会とボーナスの分配調整でした。

そのうち6月入社の一名は辞退。
1名は社長が提示した規定にあっていなかったと云う事で資格なし。
その他に1名が大きなミスをしたと言うことで辞退(一番のベテランさんでしたが)
で、7名で調整をすることになったのですが、
蓋を開けてびっくり。
ミスで辞退をした人と一緒に作業をしていた入社3年目のベトナムの人のR君。
なんと15.5%を希望していました。
年長で仕事も室長代理をする人よりも上の%。
辞退者が多かったので100%足らなかったため話合いになりましたが
結局最後まで自分の提示した%を変更するとは言いませんでした。
実は彼、去年も同様だったそうで
性格なのか、お国柄なのか分かりませんが
びっくり!でした。
今回もう一人ベトナムの人がいるのですが
入社2ヶ月、はっきり言って仕事できません。
毎日怒られています。
でも辞退せずに参加してきましたのでやっぱりお国柄なのかもしれません。

ミスはしたけど絶対、間違いなく、R君より仕事をしている方が辞退で
一緒にいてミスを防げなかっただけでなく、
自分もミスをしているのに最高額を主張って
日本人ならあり得ない感覚だなぁ。

「自己評価だからと減らす必要が無い」と言う方もいましたが
釈然としませんでした。


日本人って、やっぱり年上だとか経験年数とか忖度しちゃうじゃないですか。

今回おかにょも人数的にこの辺?って事で出してみましたが
1年早く入った人がおかにょより低く出したので
最終的にその方が多くなるように調整して貰いました。

やっぱりこの制度
日本人には向かないんじゃ無いか・・・
って思います。

会社が用意した金額がどのくらいなのかが分かりませんので
どのくらいいただけるのか・・・
コロナ禍でボーナスどころか
職までなくなってしまった方もいるので
大きな声では言えませんが
40年ぶりのボーナス
・・・・楽しみです。

 

文字ばっかで見づらかったと思いますので
1ヶ月前に撮った別所公園の写真をちょこっと。
Pb280407
メタセコイヤの木立
Pb280406
詩人で建築家でもある立原道造が自らの週末住宅として別所沼畔に設計したが
夭折 したため、建築には至らなかった
風信子荘(ヒヤシンスハウス)
を有志が建てた物だそうです。(中には入れます)
Pb280408

噴水もあります。
夏とかは涼しそうです。秋はちょっと淋しいかな。
公園回りはランナーさんが沢山走ってます。



と、云う事で
ボーナス争奪戦の報告でした。
ちゃん、ちゃん。

« 給料2倍とボーナス争奪戦 | トップページ | お礼とご挨拶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もう一発、やっぱりめんどくさ~い。
なんか社内でぎすぎすした関係性が生まれそう、金がからむと、、、ね。
時代と言うか昔の終身雇用が崩壊し、欧米のキャリア主義でバンバン会社を渡り歩く新人類(あ~古!)が幅をきかして雇用の新形態を作り上げるんでしょう。
♪オイラみたいなよう、昔堅気のばか正直にゃよう、居場所がない~~。
(あ~いい歌だ、いい加減貴方様も売れてください、お互い死んじゃいます)
総称するに、みつをちゃんの御言葉を引用すると
『奪いあえば足らぬ 分け合えばあまる』これに尽きる!

おっとチラシに限定10名急いで行かなくちゃーって、オイ、オ~~イ。

>きーちゃんさん

確かに!面倒臭い!
でも今回は奪い合うって言うより分け合うって感じで
辞退者が多かったので残りを誰に回す?みたいだったから、
例年よりは良かったのでもです。
それでも今回書いたみたいに釈然としない物を感じます。
私もしっかり昭和の女なので
アメリカナイズ?な社風にはついて行けないところがあります。
(なんせ社長が考え方が新しい!)だから逆にこの年でも
社員にしてくれたともいえるのですけどね~。


で、限定10名には間に合ったのですか?笑笑

こんにちは。

仕事自体もそうですが、仕事以外に余計な苦労があると、ストレスです。
ましてや全然仕事が出来ない人が、自己評価が高過ぎるとねえ。
結局高く主張しても、上の人間が査定して決めるなら、最初っから無駄なことはしないで欲しいですよね。何のため?少なくて良いですって言った人のボーナスを減らすため?

今は仕事があるだけマシなご時世ですが、皆が譲り合わずに自己主張し出したら、ギスギスした職場になっちゃいますよね。おかにょさんはそういう雰囲気でも丸く生きるのが上手なのかもしれませんが。
ウチの職場だったら一発OUTな感じのシステムですよ、それ。

こんばんは!
これはお国柄ですよ。
と、言うよりも、日本人がおかしいのです。
世界はこれが当たり前ですよ。
ベトナム人の彼に分配をじたいさせたいならば、ちゃんと彼が納得する数値なりを示さないとね。
確かにこの様な制度を日本の日本人ばかりの会社で実施するのは、ナンセンスで馴染みませんね。
会社に馴染まない理由を整然と説明し、止めるように提案するのも一考かと思います。

>ハルさん

こんばんわ!
我が社のボーナスは社員が自己評価した%が100にならなかったときに話し合いをするシステム。
オーバーしても足りなくても、です。
今回は足り無かったのでそれぞれプラスになりましたが
オーバーして削るのだったらきつかったなぁと思います。
それにあと会社の査定をプラスしてボーナス額が決まるそうです。
社員で話した割合はノータッチということでした。
ボーナス貰えるだけましとは思いますが
このシステム、やっぱりきついです。
自分の仕事に目一杯自信がある人向きですね。

>FUJIKAZEさん
>
>こんばんわ!
そうですよね、日本人、まして昭和のうまれなら
こう言うのなじまないですよね~。
我が社はこういうとこ先進的って言うか・・・、
給料明細も出しませんし(各自サーバーに見に行く)
年末調整も、本来自分でやるべきと
用紙を渡されて「質問はしないこと!」だったし
連絡もスラックという物を使い何かあるとそちらを見なさい・・・
と言う感じで、昭和真ん中世代の私には結構大変なのです・・・とほほ。
・・・会社に馴染まない理由を整然と説明・・・私には無理っす!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 給料2倍とボーナス争奪戦 | トップページ | お礼とご挨拶 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

永井龍雲さんを応援しちゃおう

最近のトラックバック

無料ブログはココログ