アニメ・コミック

ワンダー!

おかにょが小学生の時から大好きなマンガ家さんが、河あきら先生。
代表作は「いらかの波」でしょうか。

その河センセ。最近まで主婦向けの雑誌で「WODER!」という作品を描いていました。

ここ

不思議な力を持つワンダーという犬と日南家を中心に、保育や介護、日常的にある小さいけれど大切なものなどに焦点を当てた、決して派手ではないけれど心にしみる作品でした。

連載は100回。(9年半と言う長期連載!)

で、そのコミックス。

主婦向けの雑誌のため、連載に全く追いついていなくて、最新巻でも2年位前のものだったりしました。

連載が終わり、どうなるのだろうと思っていたら、3巻連続で刊行されてお終いと…

そうなると全話収録出来ないので大筋だけでカットされる話しがかなりの数になります。

びっくりしましたが、しょうがないのかなぁと諦めていました。

ところが、昨日ファンのかたのブログを訪れたら(≧∇≦)

編集部に沢山の苦情が入り急遽会議が開かれ、全話刊行する事になったんだそうです。

正にワンダー!

目立ってはいなかったけれど、沢山の人に愛されていたのですね。

しょうがないと諦めてなんにもアクションを起こさなかった自分がちょっと恥ずかしくなりました。
ずっと大好きで、「ファンです」っていつも言っていたくせに…

今回、編集部に電話をかけて下さった多くの方々、そしてすぐに柔軟な対応をしてくれた編集部の方、素敵なワンダーをありがとう!


(…とはいうものの完結している作品をコミックスにするのに省いたり、途中打ち切りとかいうのは、作家さんにもファンのも失礼な話なんですけどね~・・・)

ベルばらを・・・

仕事が早く終わったので、古本屋さんに行って、また買ってきてしまいました。

今回は、

「ザ・チェンジ」と

「ベルサイユのばら」1~5巻。(文庫)全巻揃っていると、つい買いたくなってしまうのですよね。

で、ベルばら、前に全部読んだのは、高校生のとき。

友人にコミックスを全巻借りて、一晩に全部読んで寝たのですが、こんな夢を見てしまいました・・・

私はオスカルでした。隣には勿論アンドレが・・・(どんな顔をしていたのか全然覚えていませんが・・・)

二人は寄りそってプチトレアノンの水辺を散歩していました。

ふと見ると、誰かか溺れているのです。

「アンドレ!大変だ!」

なんと、溺れていたのはマリーアントワネットだったのです。

すぐに二人とも飛び込み、アントワネットを助けに向かいました。

ところが傍まで行ってびっくり!。アントワネットは顔が溶け崩れた、化物でした。

「うわぁ~」

と、二人とも逃げ出しました。

私は一生懸命泳ぐのですが、平泳ぎなのでなかなか進みません。

「アンドレ!待ってくれ!」

と、言うのですが、アンドレは恋人の私を置いて、クロールでさっさと逃げていってしまうのです。

それでも何とか泳いで、岸にもう1メートルという位になって後ろを振り向くと・・・

『ぬば~!』と言う感じで、化物のアントワネットが・・・

   「うわぁ~!」

と、いう所で、舞台がガラッと変わって、私は舞台の上にいました。

ベルばらのお芝居をするために、ステージの上にいたのです。

でももうじき出番のはずなのに台詞が全然思い出せないのです。まぁ、その場になれば大丈夫だろう、と思い何故か教壇の陰で、金色のキラキラしたテープ(田んぼに雀よけにしていたようなやつ)で作ったかつらを握って、ドキドキしながら出番を待っていました。

ところが、いつまで待っても出番が来ないまま劇は終わってしまったのでした。


何十年も前に見た夢なのに未だに鮮明に覚えています。特にアンドレにおいていかれた時の情けない気持ちと、出番がないまま終わってしまった時のなんともはや・・・の気持ちは忘れられません。何であんな夢をみたのでしょうか・・・?どうせ見て忘れられない夢ならばもっといい夢みたいわ~。

いい夢、と言えば宝くじ。

今回のオータムジャンボ。4等が1番違いで当たらなかったんです。

あぁ・・・5万円。もっと離れていればあきらめるのに~。え~ん!!

河あきら先生と私

漫画大好き!なおかにょですが、一番好きな漫画家さんが河あきら先生です。

小学校の時からファンでしたので、もうン十年もファンをやっております。

河先生、といってもピンと来ない方、前に別冊マーガレットと言う本で『いらかの波』という作品が大ヒットしていたのですが、思い出していただけたでしょうか?

「いらか・・」の渡君も大好きなキャラではありますが、私がすごく影響を受けたのは、それより少し前に発表された「バットエイジシリーズ」といわれる作品群です。

様々な理由で世間からはみ出してしまった、所謂『不良』と呼ばれる若者が精一杯生きようとするその姿に、若き日のおかにょはいつも胸を熱くしたものでした。(でも、ほとんどが悲しい結末を迎えるのですが、そこがまた涙を誘われて、よかったりしたのです。)

河先生の作品は、さっきあげたシリアス物が多いのですがそれと反対にコメディもめちゃくちゃ面白いです。

「いらかの波」はその代表作ですが、おかにょが一番好きなのはコミック「さびたナイフのの中に収録されている『明日は日曜日』という作品です。とにかくテンポがいいのです。ぽんぽんと飛び出すせりふが小気味良く笑わせてくれます。

最近の作品では、『ご町内のみなさま』ですね。ほんとに身近な組織、町内会でじたばたする主人公に思わず「うん、うん」と頷かされながら、生きていくことまで考えさせられてしまう秀作です!


今は、「すてきな主婦たち」と言う本に、
(これがくせもの、河先生が描いていなかったら、絶対に買っていないです。不倫特集とか、世の中の主婦はそんな事ばかり考えているんかい?ッてな、話がおおいので・・・。あぁ・・話がそれちゃった)
「WANDER!」という作品を連載中です。不思議な力を持つワンダーという犬と、一家に1人は欲しいとてもいい奴、航太とその家族のほのぼのとした話です。



河先生は、日常のちょっとしたことの中にある、楽しさや、悲しさ、そんなことをさらっと表現してくれる人だと思います。心の中の鈴を時々ちりん・・と鳴らしてくれるのです。

絵柄に抵抗がある人もいるかと思いますが、機会があったら是非読んでみてください。WNDER!以外は古本屋さんでないと探せないとは思いますが・・

多分、心の鈴を鳴らされると思いますよ。

古本を大人買い?

今日、いつもは行かない駅に用があって出かけてまいりました。

で、そのついでにいつもは行かない『book of』に寄ってしまいました・・。つい、100円コーナーを見てしまったんです。・・・あるじゃないですか、昔持ってた深見じゅんの「悪女」が・・・

で、かってしまったんですよね~。でもそこには1巻3巻5巻・・と、見事に飛び飛び・・で、そうなると全部揃えたくなるもんで・・。また今度は、『bookセンターいとう』に寄ってしまいました。あるんです・・・残り全巻・・・買っちゃいました。全19巻。(いとうちゃんはポイントがあったのでね・・・)

これって大人買いじゃなくてお馬鹿買いですよね・・・給料日までまだ結構あるのに・・・(反省!です)

その他のカテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

永井龍雲さんを応援しちゃおう

最近のトラックバック

無料ブログはココログ