日記・コラム・つぶやき

身内馬鹿3

書中お見舞い申し上げます。


早いものでもう、8月になってしまいました。

梅雨が明けてからの方が梅雨みたいな天気続きで
まっこと、うっとうしいのう・・・。

で、海にでも行きたいな~~~

って思っても時間もお金もありゃしない・・・。

そんなあなた!

近くにNTT東日本のカレンダーはございませんか?

はい!

そのカレンダーの8月はお魚さんがいっぱいです。
海に潜った気分になれますよ~。

何を隠そう、わが兄が撮った写真です。

あはははは・・・・

相変わらずの身内馬鹿・・・

笑って暑気払いしてくださいませ!

網戸の張り替え

梅雨が開けましたね。

毎日うだるような暑さで、痩せる思いです。

思いだけで実際はちっとも痩せないので重いです。ははは・・・
(毎年同じ落ちですみません・・・)




少しでも風を通したいのだけど、ちゃみが爪とぎしちゃって大きな穴が開いていました。

で、先日、久々の連休だったので網戸の張り替えに挑戦!

まず、ダメな網を全部外して、溝を軽く掃除。

P7210927




網を枠より少し大きめに切ってクリップ等で止めます(なかったので洗濯バサミで代用)
P7210928_2



専用の網抑えローラーで、溝にゴムと網を埋めていきます。

P7210929

端っこが上手く入らない・・・そーだ!網を外すときに使ったマイナスドライバーで・・・

コシコシ・・・う~~~~んGOOD!



P7210930


余った網を切って完成!


結構ピシッと張れました!

やるじゃんおかにょ・・・・!

なんてね。

そうは問屋がおろさなかったわよ。

やっぱりというかなんというか・・・

P7210931


分かります?このギリギリの感じ・・・

そう、最初に網を切った時にケチケチ根性が出てしまって、ギリッギリ!

まぁ…取りあえず今年の夏を誤魔化せればいいか・・・



なんて云ったって、網(2回分)とローラーとゴムがついて1000円しないんだもん、十分だよね。業者に頼むより絶対安い!…と思うんだけど・・・

それと、張り終わってから気が付いた。

ローラーの後ろに押し込み用の突起があった!

欲説明書見たら、ローラーの向きで網の貼り方も調整できたらしい。

ダメだねェ・・・年を取るとせっかちになるって本当だね。
(もともと短気なものだから余計かも・・・?)




まぁ、取りあえず良しとする!


で、頑張ってこの夏をのりきるぞっ!と。




「献杯」なんてしたくなかった!

幼馴染のYが突然逝ってしまった・・・

胆管癌で、本人は余命宣告も受けていたようで、でも、田舎の親友と妹のみに伝え、実の両親にも伝えていなかったので、まさに寝耳に水状態だった。

私にとってYは幼馴染であり、無二の友だった。

「おかにょ、今度いつ田舎に帰る?」
「おかにょ、たいへんなんだよ!○○がねぇ」
「○○が帰ってきてるから行こう!」

そんな風にいつも声をかけてくれては、私が実家に帰ってきていれば、必ず時間を作って遊びに来てくれる。私いないときでも顔を出し手は両親にちょこっとプレゼントしてくれたり・・

そんなYは私と田舎を繋いでくれる、太い綱だった。

実はYは埼玉に住んでいたのだが、実家大好きで東京に勤めている時も、結婚してからもちょくちょく帰っていた。旦那さんが転職した時も実家に帰ってきて、子どもたちは田舎の学校を卒業したりしていた。

そんなYだから、知り合いも多く、そして誰に対しても気を遣い、楽しい話題を振りまき、みんなから愛されていた。

通夜も、告別式も多くの同級生が駆け付けた。

卒業して、何回も同窓会があったが今まで一度も参加しなかった同級生も来ていた。
通夜の後も告別式の後も、同級生が集まってYの思い出を語った。

皆を愛して、誰からも愛されていたYだった。

こうして書いていても、涙があふれて止まらない。

寂しいとか、悲しいとか、そんな言葉で表せられないこの感情はなんと名づければいいのだろう。

親ならば、いつか自分より先に逝ってしまうというのは時間をかけつつある程度納得がいく。でもあまりにも突然の別れは心が受け付けないみたいだ。

だから、泣いてるんだけど、どこかで信じていない自分がいる。

今度田舎に帰ったら

「おかにょ!」

と言ってひょっこり顔を出すんじゃないか・・・そんな気もする。



実家の方では告別式の前に荼毘に付してしまう。

告別式のとき、遺影の前にはYの遺骨が入った箱があった。

ああ・・・Yの体は無くなってしまったんだ・・・ではYの心はいったいどこへ行ってしまったのだろう…と考えた。

そして、思った。
Yの心は、小さな欠片になってYを知る人々の心の中に入ったんだと・・・


通夜の後集まった友人たちで、ラインのグループを作った。

こんな形で同級生が集うのを悲しく思いながら、でもこれからはもっと集まろうと・・

今、気が付くと頭の中では酔いどれの歌詞

♪どうして、どうしてよ
 いい人ばかりがよ
 先に死んでいく・・・

ばかりグルグルしてます。

本当だね。
本当にそうだね。

そうすると、残念ながら、おかにょは長生きしてしまいそうです。

・・・・

でもね、Y,
私はおばあちゃんになって、お茶とか飲みながら
田舎の友達とかの話をいつまでもしていられると思ってたんだよ・・・

Yのばかやろ~!
何で先に一人で逝っちゃったんだよー!

ゲ・ゲ・ゲ・ノお母さん2

で、前回の続き、カエルの歌です(ん!?カエルの合唱だっけ?、まぁ、いいやどっちでも)

帰ってから、どうにも気持ちが悪くて調べてみたら…もっと混乱。

おかにょの記憶では

♪クワクワクワクワ

ケロケロケロケロ

クワクワクワ

だけど・・・

JOYSOUNDDの歌詞では

♪クワクワクワクワ

ケケケケケケケケ

クワクワクワ



他には

クワクワクワの部分がグワグワだったり、ケロケロがゲロゲロだったり…いや~~~色々でした。

どれが正解って訳でもなさそうなのですが、一番多く載っていたのはJOYのパターンでした。

ん!?


でもおかにょが聞いたお母さんの歌は・・・最初のクワの部分がゲだったわけです。

あのお母さん、残りはいったいどう歌っていたんでしょう?

もし、今度会うことがあったら是非聞いてみたいものです。

鎌倉散策

龍雲さんのライブから、早1週間が過ぎてしまいました。

最近の時の早さってホント、ありえない!

待っているときはあんなに長かったにねェ。

と、だいぶ時間が経ってしまいましたが、ライブの前に鎌倉散歩してきたのをあげておこうかな~っと。

前回のライブ報告でもちょっと触れましたがこの日の鎌倉(6/17)はものすごい人出でした。

電車が北鎌倉に着いた時、降りる人の波でまるで、原宿駅か!ってな感じ。

鎌倉駅でおりて、江ノ電に向かった私と妹。

改札を入った途端ホームに入る人の波に呑まれました。





ひと電車をホームの下で見送ってやっとこ乗り込んだ車内もすし詰め。

江ノ電と言えは、民家の脇すれすれのところを走るのを見るのも楽しい・・はずですが、外なんか見る余裕などなく・・・

それでもすぐに目的の極楽寺駅に着き載ってきた電車にバイバイ。でもまだこんなに乗ってんの。

P6170885_2


極楽寺駅はおかにょ世代には『俺たち』シリーズでお馴染み。
P6170887


あの頃、中村雅俊大好きだったんだ~。



そこから。徒歩2分くらいで極楽寺。
P6170889


小さいお寺ですが、観光客もそんなにいなくて、お庭も作った感が無くて、雑草のように自然に生えているものをさりげなく配しているような、わび、さび感?みたいなところがいいですね。秋とかに来ると良さそう。

そこから5分くらいかな?
成就院へ。

ここは参道から由比ヶ浜と紫陽花が見えるので有名だったそうですが、震災の後南三陸町へ譲ったとかで、今年はお花がありませんでした。P6170891
それで人も少なかったんでゆっくりできました。

この日はとても暑かったのですがこの参道の上で風に吹かれ、海を見て・・・海なし県育ちには最高のロケーションです。

この成就院、縁結びの神様だそうで、おかにょもしっかりお祈りしてきました。

えっ!
恋愛じゃありませんよ。縁って恋だけじゃないでしょ!
最近ちょいと転職とかも考えていたりなんぞしていますので・・・

で、後で調べたら、このお寺、なんと、わがご先祖様の新田義貞が鎌倉攻めをしたときに焼かれてしまっていたとかで・・・ありゃりゃ~。ご利益ないかも・・・

そこから2分も歩かないところにある虚空蔵堂へ。ご本尊は知恵と福を与えて人々の願いを叶えてくださるそう。

P6170894


でもね、ここのお賽銭箱、金網の中にあるんです。だから写真人の前にある階段を登らなければお賽銭入れられないの。盗難防止のためらしいけど、なんだかなぁ・・・。です。

この堂の下にあるのが星の井。

P6170896


別名、星月夜の井。

P6170895


ねぇ、虚空蔵堂、星月夜の井と来たら龍雲ファンならはずせませんよね~。

そして、江ノ電の踏切を渡って訪れたのが、御霊神社。

めっちゃくっちゃでっかいご神木がお出迎え。P6170898


ちょっとわかりづらいと思いますが、鳥居の上に張り出してるでしょ大きな木が。
中で撮影を試みるもあまりの大きさに・・・無理!
この木だけでも一見の価値ありです。
ここは神社の中で七福神めぐりが出来ちゃう、ちょっと変わっている神社でした。


神社の脇に紫陽花が咲いていて、すぐそばで江ノ電を撮れるってことで、沢山の方が線路脇に張りついていました。挑戦は・・・しませんでした、あはは・・・。

そこから5分くらいで長谷寺。

余りの人の多さに山門前で回れ右!

食事場所を探すも人・人・人…何とか食べて、長谷観音…鎌倉大仏へ。

P6170902


此処も大勢の人で溢れていましたが、大仏様が大きいのであまり気にならない・・・。

近くで見ると…ナマズひげ生やしていたのね、大仏様。



・・・と、こんな感じで散策してからライブに行ったのでした。

しかし・・・

この時期の鎌倉はいつも人が多いのは分かってましたが、今回の人出の多さには本当にびっくりでした。

江ノ電の混雑は都内の通勤ラッシュ並みでした。

これは、ここらに住んでいる人は大変だなぁ…と同情します。

鎌倉は、ゆっくり、しっとり・・がいいですね。

春とかお花も綺麗そうだし、秋の紅葉もよさそう・・・。

今度は人があまりいない時期の平日に来よう、と妹と話したおかにょでした。

(いつも鎌倉ライブは、相性が悪いおかにょでしたが、もしかしてご先祖様の因縁ではないかしら・・・などと、思ってしまった次第です。今回も実はチケット先行予約に外れて、友人に回してもらったのでした・・・。)



私髪を切りました~♪

・・・・と、言うか切られました。


先日久々に美容院へ行きまして、前回ザザッと切られてすぐになんだかまとまりのない髪になってしまったので、今回は
「もっと切ってもいいですよ」

・・・・と、言いました。

はい、確かに言いましたけどね・・・。

美容師さん曰く

「私も前回は切らなかったな~と思ったんですよ。」

と、言いながらザカザカ切っていって

「夏ですから、さっぱりと…イメージチェンジしましょうよ~」

と、さらにザカザカ・・・

んっ!

あれっ!?


これって・・・

完璧にショートじゃん!

今まで生きてきた中で一番…・短い!

・・・まぁ、切ってしまったものはくっつけられないし、また髪は伸びるからいいけどね・・・

ちょっと短かすぎ・・・ううう・・・。

失恋したわけじゃあるまいし・・・・

そういえば高校生の時、結構長かった髪をセミロングくらいに切った時に、普段そんなに親しくもない級友から

「おかにょは失恋したから髪を切った!」

と言いふらされたことがありましたっけ・・・

そんな事実は全くなくて、逆に他校の男性で髪を切った人がいて、すごく印象が変わったので

(男の子があんなに変わるなら、女の私が切ったらどんなに変わるだろう)

という好奇心で切ったんだけれどね・・・。


あれ?そういえば、髪を切ったその日の帰りに、片想いの彼が、私と同じ部活にいた子(幽霊部員だったけどね)と一緒に歩いているのを見たような覚えが・・・


いやいや、そうじゃなかったぞ・・・。

髪を切った日に偶然一番先に会ったのが片想いをしていた彼だったんだ・・・

そうそう、そのあとデートしているところにまたまた偶然出会っちゃったんだった・・

あれ?じゃあ、あの級友の言葉は予言だったのか・・・?

まぁ、今となってはむか~~~~~~~~~しの思い出ですが、そんな可愛い時代もあったのでした。

今日のBGMはさだまさしの
♪追伸
と、いうことで・・・。

タンプレ

前回の記事で、ちょいと書きましたが5月2日が誕生日でした。

最近全く誕生日プレゼントなどをくれなくなった娘たちですが、今回珍しくうにょが
プレゼントをくれました。

それがこちら

P5110878



抱き枕・・・にはちょいと小さい。

でも触った感触がとても気持ちいいです。

せっかくなのでちゃみと2ショット。

でも、ちゃみ、はっきり言ってほとんど無視です。

強引に隣に並べてパチリ。

笑えるのはこちら

P5110880


お尻の大きさが同じ(≧m≦)

最近枕にしたりしてます・・・あはは。

命名

『ゴン助』

うにょ、ありがとね~。

ダムフェチにはなりそうもない

ああや~!

気が付いたら、もう5月も3/2が過ぎようとしています。

その間にまた一つ

年齢を重ねてしまいました。

で、GWですが(←どこが、で、なんだか(@Д@;)

みにょと実家に少しばかり帰ってきました。

最近みにょが自称『ダムフェチ』とやらで、ダムを見に行きたい!と言うので兄が車で連れて行ってくれました。

向かったのは奈良俣ダム。

実家のあたりももう桜はすっかり散っていましたが、同じ町なのに(と言っても町村合併でかなり大きい町になってしまったんですがね)まだ咲いていてP5030870


↑これは藤原ダムの近くです。

木陰には雪が残ってました。

はっきり言ってこんな奥まで来たことがなかったので、びっくりポン!

ぐんぐん山を登っていって白樺林なんぞを向けて行った先に奈良俣ダムはありました。

P5030864

白く見える所は雪です。


何でも奈良俣ダムはロックフィルダムとかいう形式で日本で3番目の高さがあるそう。

この上に行くことが出来、展望室を兼ねた資料館とか喫茶室があり、最近話題のダムカレーなどもありました。
(お客さんはほとんどいなかったですが、売り切れてました。残念)

熊出没注意!などと言うポスターが貼ってあってさらにびっくり!(でも後で友人に聞いたら、その友人は実際に熊を目撃したそうです。)


みにょは
「ダム見るとなごむよね~」とか
「わくわくするよね~」
とかのたまわっていたけど、わたしにゃ、その気持ち分からん!

だた、天気が良ければ気持ちいいかな~くらいです。

14日に放流が合ったそうで、結構な人が出かけてたみたいですね~。

でも・・・遠い!

ホントに遠かった!同じ町内なのに・・・

あれだけ時間かけたら、都内まで行けるわ!

ってくらいでした。

でも好きな人は行くのでしょうね~。ご苦労様です。

これが龍雲さんのライブなら全く気にならないくらいの時間なんでしょうが・・・
わたしゃダムフェチにはなれそうもありませんわ。



安い!安すぎるんじゃない?

3月25日で、我らが龍雲さんがデビュー40周年を迎えました。

デビューから8年間に出したアルバムが網羅されたCDが通販専用ですが発売されました。

P3250745


CD9枚にアルバム未収録のシングル14曲。

CDの中にはアルバムの中に入っていた歌詞カード?というか、写真というか・・・が、まんま入ってます。

おまけのブックレットにはシングルのジャケットと、富澤一誠さんとの対談まで載ってます。

昔のファンクラブ時代の会報の写真とかも載っていて、「うわぉ~~」です。

当時のアルバムの値段で考えても1枚2500~2800円ですから、12960円(税抜)というお値段はめっちゃ安くないですか?

昔からのファンの人は勿論アルバムを持っていますが全部がCD化されていないのでプレーヤーーか、テープが死んでいなければカセット、もう後はええい!ユーチューブだぁ~。ってかんじでしたよね。

ましてや、最近ファンになった方にとっては・・・ですよね。

持っていてもこのくらいなら、買い直しても…っていうくらいの値段設定ですよね。

最近ユーチューブでも昔のアルバムを全曲アップしている人がいたりしていて、結構再生されていますよね。
で、40周年に便乗?
ポニーキャニオン…お主も悪よのぅ…なんちゃって。

中の歌詞カードを見て気が付いたけど・・・、意外と中、見ていなかったなぁ・・・って。

特に一人暮らしをしていた時は、アルバムを買うと誰かにテープに取ってもらってそれを毎日聞いて…と言う生活だったので、じっくり見ていなかったみたいです。だからこれからゆっくりじっくり見る楽しみもあって、嬉しい限りです。

私、けっしてポニーキャニオンの回し者じゃありませんよ。(あ~、でも昔、営業の人に頼んでチケット取ってもらったこととかあったなぁ)

でも、ほんとにお買い得品だと思います!
一家に一セットいかがでしょうか?なんちゃって。




それともう一つのお楽しみNEWアルバム[スライドショー」

こちらも通販なので着くまで、あと1~2日待たねばならぬ。
ライブまであと1か月あるので、会場では買えませんから・・・

わくわくしながら待っているのもいいもんですね。

でもやっぱり

早く聞きたい~~~!

高尾梅郷散策

インフル明けのみにょと一緒に高尾山の梅郷へ行ってきました。

この地で暮らし始めて30年以上ですが、みにょもおかにょも初めてです。

高尾山口から徒歩で約15分。

遊歩道沿いに梅がびっしり。

P3110716

この左手に川が流れています。

P3110717


川沿いの進んと行くと一旦梅林はなくなり、山の中の小道という感じになってきます。

狭い道ですがそれほど歩きにくくはなく(と言っても子供やお年寄りにはちょいと・・・ですが)
空気が気持ちいい~。

10分弱で天神梅郷。

少し行って高尾梅の郷まちの広場に到着。
P3110722
梅郷の碑がありましたよ。

ここで小休止。お腹が空いたので何か食べられるものを売ってるかな~?と、テントを覗く。

焼きそばとか売ってましたが今回はこちらをチョイス。
P3110721


安納芋の焼き芋。

Mサイズ300円也。

あつあつで、結構大きかったので

これ一個でお昼には十分でした。







広場から5分くらいで湯の花梅郷。

ここからアスファルトの車道を行きます。
道が狭いのに、バスも通っているのでちょいと怖い。

30分あまりで木下沢梅林に到着。

ここはすごかった!

梅の花で煙るようです。

P3110747


1400本の梅の木があるそうです。
P3110736


通りすがりの男性の声が耳に入ってきました。

「俺、梅のトンネルって初めてくぐったよ」


確かに・・・トンネルだわ!

P3110719_2
愕が黄色っぽくて金色に見える梅とか

P3110750

真っ赤なのとか



P3110733


定番の物とか、(写真は取らなかったけど、)淡いピンク、濃いピンク、八重っぽいものとか

梅ってこんなに種類があったんだ~ってちょっとびっくり。

結構歩いて足パンパンです^^;

でも久々にみにょとお出かけ。

天気も良かったし、運動不足解消?にもなったし。

うん、満足、満足。


あ~~~ひとつだけ残念なことが・・・。

トイレです。

圧倒的に数が足りない!

『梅まつり』と銘打つならもう少し仮設のトイレとか用意して欲しかった。

次回はもう少し増やしてね、実行委員の方。

ところで、今日は3月11日。

仮設のトイレに入って、(あ~~~、震災に合われた人はこういうのを使っていたんだ)と。

入りたいときに入れない。

全くゆっくりできず、周りを気にしなければいけない。

大変だったろうなぁ・・・なんて、こんなところで実感してしまいました。

まだまだ大変な思いをしていらっしゃる方がいると思います。

頑張ってくださいね…としか言えませんが・・・。

本格的な春までもう少しです。



     

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

永井龍雲さんを応援しちゃおう

最近のトラックバック

無料ブログはココログ